仕事ができる人とは?

「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違い

「仕事ができる人」と「仕事ができない人」は、どのような違いがあるのでしょうか?

・仕事ができる人
「収入が多い」
「部下に、的確な指示を出してくれる」
「周りの人から尊敬されている」
「責任感がある」

・仕事ができない人
「同じ失敗を何度もする」
「人から言われたことしかできない」
「いつも残業ばかりしている」
「ミスを人のせいにする」

このような答えが一般的だと思います。

整理整頓が徹底されている会社ほど利益を出していると言われています。

反対に、整理整頓ができていない会社は、業績が悪化して苦しんでいることが多いです。

会社というのは、ただの箱でしかないため、社員一人一人のスキルが会社に利益を与えることになります。

「ブランドの箱を開けたら、中身はたいしたことなかった」では、意味がありません。

仕事ができる人は時間のムダがない

仕事ができる人に共通しているのは、時間を大切にしていることです。

社員の中でも、会社に期待されているほど、多くの仕事をこなしていく必要があります

課長や部長などの役職につくことになれば、部下の育成も考えなければいけません。

そのため、多くの仕事を進めていくためには、「時間のムダを無くすこと」が重要です。

理由は、どれだけ仕事ができる人でも、こなせる量には限界があるからです。

探しモノの時間はムダ

探しモノをしている時間ほど、ムダなことはありません。

身の回りの整理整頓をしっかりしている人は、モノを探す時間を「ムダな時間」と考えます。

仕事は「決められた時間の中で、どれだけの量をこなすのか?」が大切になってきます。

デスク回りの書類やファイルなどの管理がされていないと、必要なときに見つけることができません。

・書類を探すのに時間がかかってしまう
・必要なモノを無くしてしまった

会社で働いていると、一度はこのような経験をしているはずです。

探しモノをすることが多い人は、さらに自分の能力を上げられる可能性は十分にあります

仕事ができる人ほど、身の回りの管理ができているため、探しモノをするムダがありません。

仕事ができる人は、優先順位をつけている

仕事ができる人は、「今、何をしなければいけないのか?」と優先順位をつけることにも優れています。

仕事の優先順位を考えずに、与えられた仕事だけをしている人がいますが、 「今しなければいけないことなのか?」を疑ってみると、そうでないことが多いです。

さらに、仕事ができる人は、緊急な仕事が入ってきた時でも、柔軟に対応できる能力があります。

仕事ができない人の特徴

次に、仕事ができない人はどのような行動をしているか?

まずは、優先順位の付け方が下手です。

例えば、
明日でもいい仕事をして、今日しなければいけないことを先伸ばしにしてしまうため、「期日に間に合わない」というトラブルを起こしやすくなります。

また、一つに集中できないことも、仕事ができない人の特徴です。

一日にしなければいけない業務に追われていたとしても、すべてを同時に終わらせることは不可能です。

そのため、一つ一つの業務をクリアするしかないのですが、一つの仕事をしている間に他のことが気になってしまいます

デスクの上に、必要な書類だけ出されていれば集中しやすくなります。しかし、一日分の仕事がどっさりとおいてあったらどうでしょうか?

他の仕事が気になってしまい、集中できないのも無理はありません。

仕事ができる人は、どれだけ忙しくても余裕があります

周りに忙しさをアピールしたり、イライラをぶつけたりすることはありません。

理由は、今しなければいけない仕事から、一つずつ終わらせることだけに集中しているからです。

整理整頓によって、大きな変化が生まれる

「仕事ができる人」と「仕事ができない人」、どちらがいいですか?

このように聞かれたら、誰でも「仕事ができる人」と答えると思います。

1日の約3分の1を仕事の時間に使っているわけですから、ムダにはしたくありません。

特に男性にとって「仕事」というのは、一つの大切なステータスになってくると思います。

・1日のムダな時間を探して減らしていく
・今しなければいけない優先順位を決める
・1つのことに集中できる環境を作る

この3つを意識すると、仕事に大きな変化が起きます。

商売とは、売って喜び、買って喜ぶようにするべきである。そこに喜びがなければ商売とは言えない。 また、貸し借りも、貸した人間と借りた人間に喜びがなければいけない。

(二宮尊徳)

片づけ|ビジネス編

・「片づけ」によって会社の利益が上がる

・「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違い

・会社の整頓|モノの定位置を決めること

片づけのコツ

・モノを捨てる順番

・服を捨てられない

・収納棚を増やすだけでは・・

・財布の中身で分かる片づけが苦手な人

・楽しい気分になるモノを置く

・収納棚の片づけ方法

・使用頻度が多いほど動作を減らす

・通路・窓にはモノを置かない

・モノをグループに分けて収納

片づけのお悩み

・無気力・やる気が出ない

・モノを捨てるのは悪いこと?

・思い出のモノを捨てられない

・モノを大切にする本当の意味

・部屋を片づけようと頑張ったけど・・|片づけ失敗談

・モノを捨てると不安になる

・捨てられない人の生活

・片づけられない人を納得させるには?

・部屋がグチャグチャ

家族のお悩み

・片づけない親にイライラ|お悩みアンサー

・家族の部屋を片づけたい

・親の気持ちを傷つけない伝え方

・子供が生まれて片づけられなくなった

・親の介護に疲れて掃除ができない

・親の家を片づけたい

なぜ片づけるのか?

・整理整頓ができて得すること

・部屋は自分を映し出す鏡

・子育て四訓|手放すことの大切さ

・片付ける意味って何だろう?

・整理整頓のメリット

・色を変えるだけで部屋のイメージが変わる

・片づけで幸せになれるのか?