モノを大切にする本当の意味

モノは何のために存在しているのか?

「捨てたいとは思っているけど、捨てることができない」と悩んでいる人が多くいます。

ここでは、モノを捨てるのが「良いことか?悪いことか?」ではなく、モノは何のために存在しているのかを考えていきます。

意識を変えることによって、今の自分に不要なモノを手放せるようになります。

モノにも魂が宿るとしたら?

モノにも魂が宿ると言われています。

もし、人間のように生きているとしたら、どのように使われたらモノは一番幸せでしょうか

反対に、モノにとって「一番不幸な使われ方は何か?」を考えてみましょう。

モノにとって幸せなことは、

家具の場合は、
「大事に使ってくれている」「必要とされている」

写真やプレゼントされたモノの場合は、
「見る度に人が楽しい気分になってくれる」

このような答えに、多くの人は共感できると思います。

モノを大切にする本当の意味イラスト

それでは、モノにとって一番の不幸は何でしょうか?

それは、「モノを使われないこと、存在を忘れられていること」です。

捨てられない多くの人はモノに対して、「まだ使えるから捨てない」 「プレゼントでもらったモノだから」

また、「まだ使えるモノを捨てるなんて何を考えているの?」と怒ってしまう人もいます。

子供の頃から、親にそのような教育を受けられてきた場合は、捨てるのを悪いように考えてしまいがちです。

しかし、 「捨てることが悪い」と考えている人ほど、本当の意味でモノを大切にしていません

私は、片づけの仕事をしているため、引っ越しによる片づけ依頼や、家族が亡くなり遺品整理のご依頼を受けることがあります。

そこで、多くのお客様に共通していることが、今まで何年も使っていなかったモノが大量に出てくることです。

例えば、
・押入れからは、ホコリだらけの衣類や雑貨
・キッチンの収納棚を開けると、使いようがない食器の数々
・箱に入ったままの粗品

このようなモノというのは、一生使われることなく存在も忘れられ、見つけられた時には捨てられるモノになります。

モノを大切にする本当の意味イラスト

これこそ、モノにとっての本当の不幸ではないかと思います。

人間で例えると、「真っ暗なところに一生入れられて、誰からも気づいてもらえない」という状態です。

現代では、何もしなくてもモノは勝手に入ってきます。

ポストに入ってくるハガキやチラシもすべてモノです。

モノは買うときよりも、捨てるときの方が難しいように感じます。

なぜなら、買うのはお金があれば簡単にできますが、捨てるのは思い出が強いモノほど困難だからです。

モノを大切にする本当の意味イラスト

モノというのは、人によって作られています。

「人に使われるために生まれてきた」と言ってもいいでしょう。

モノを大切にする本当の意味イラスト

モノを捨てられなくて悩んでいる人は、何のためにモノがあるのかを考えてみてほしいと思います。

そして、今後使わないモノは、「今まで使わせて貰ってありがとう」と自分が責任をもって処分することが大切です。

片づけのお悩み

・無気力・やる気が出ない

・モノを捨てるのは悪いこと?

・思い出のモノを捨てられない

・モノを大切にする本当の意味

・部屋を片づけようと頑張ったけど・・|片づけ失敗談

・モノを捨てると不安になる

・捨てられない人の生活

・片づけられない人を納得させるには?

・部屋がグチャグチャ

片づけのコツ

・モノを捨てる順番

・服を捨てられない

・収納棚を増やすだけでは・・

・財布の中身で分かる片づけが苦手な人

・楽しい気分になるモノを置く

・収納棚の片づけ方法

・使用頻度が多いほど動作を減らす

・通路・窓にはモノを置かない

・モノをグループに分けて収納

家族のお悩み

・片づけない親にイライラ|お悩みアンサー

・家族の部屋を片づけたい

・親の気持ちを傷つけない伝え方

・子供が生まれて片づけられなくなった

・親の介護に疲れて掃除ができない

・親の家を片づけたい

なぜ片づけるのか?

・整理整頓ができて得すること

・部屋は自分を映し出す鏡

・子育て四訓|手放すことの大切さ

・片付ける意味って何だろう?

・整理整頓のメリット

・色を変えるだけで部屋のイメージが変わる

・片づけで幸せになれるのか?

片づけ|ビジネス編

・「片づけ」によって会社の利益が上がる

・「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違い

・会社の整頓|モノの定位置を決めること