整理整頓ができる人は得をする!

整理整頓の意味

日常生活の中で、「整理整頓」という言葉を聞きます。

しかし、整理整頓の意味まで考えている人は少ないと思います。

整理整頓の意味
整理・ 不必要なモノを取り除くこと。

整頓・散らかり乱れているモノが整った状態になること。

正しい整理整頓は、①不要なモノを捨て(整理)、②モノを整える(整頓)順番になります。
整理整頓ができる人は得をするイラスト1

モノを捨てられない(整理ができない)

「モノを捨てられない」という理由で、悩んでいる人は多くいらっしゃいます。

私は、モノを捨てることができないお客様に対して、

「モノを捨てることが、必ず正しいわけではありません。しかし、部屋にあるモノの数だけ体に負担がかかっていると思ってください」

このように、お伝えをしています。

この考え方は、お客様の部屋で片づけをしてきた経験によるもので、 「部屋の状態」と「お客様の様子」を見て感じたことです。

部屋の整理整頓ができている人は、明るい表情をしています。 さらに、姿勢はキレイで歩き方がスムーズです。

整理整頓ができる人は得をするイラスト2

「部屋の状態=体の健康状態」とすべてを決めつけることはできません。

しかし、「モノが多い部屋というのは、不安になってしまうことが多いのではないか?」 と考えています。

以前、お客様から「本の整理整頓ができなくて困っている」と片づけの相談がありました。

部屋には大量の本があり、種類を見ると、

「体を鍛える本」
「英語の教材」
「小説」
「自己啓発本」
「部屋の片づけ本」

など、何百冊の本が山のように置かれていました。

現地でお客様と会話をしましたが、表情は暗く、足をひきずって歩いているような状態でした。

もし、私がお客様の部屋に住んでいたら、

「体を鍛えなければいけない、英語の勉強もしなければいけない、自己啓発書もたくさん読んだな、そういえば部屋の片づけ本を買って・・」

と、視界に入ってくる大量の本をみては、何から始めていいのか分からず、不安な状態になると思います。

整理整頓ができる人は得をするイラスト3

モノを整えることができない(整頓ができない)

モノの整頓ができない人は、日常生活で迷ってしまうことが多くなります。

理由は、目の前にたくさんありすぎて、一つのことに集中できないからです。

部屋にモノが散らかっている分だけ、視界に色々なモノが一度に入ってきます。

整頓が苦手な人は、「モノ」を「情報」に置き換えると、一度に様々な情報が入ってきて、何から始めればいいのか分からなくなります。

ここで4枚のイラストをご覧ください。

1、整理・整頓ができない人

イラスト

重たい荷物(整理ができない)を背負っているため歩くのも大変で、道にも迷ってしまい(整頓ができない)ゴールまで遠い。


2、整理が出来なくて、整頓ができる人

イラスト

道には迷わないが、荷物が重くて歩くのが大変。


3、整理が出来て、整頓ができない人

イラスト

荷物は軽いが、ゴールまで遠い(迷ってしまう)


4、整理・整頓ができている人

イラスト

荷物は軽く(整理)、ゴールまで一直線に進める(整頓)


整理整頓について、このようなイメージを持ってもらえればと思います。

仕事ができる人は集中力が高い

整理整頓をきちんとしている人は、仕事ができる人も多いです。

理由は、一つのことに集中できているから です。


「仕事ができる人」と「仕事ができない人」を収納する棚で表現すると、

◆仕事ができる人

イラスト

仕事ができる人はプライベートでは

イラスト

◆仕事ができない人

イラスト

仕事ができる人は特別なことをしていない

仕事ができる人は、特別なことをしているわけではありません。

収納棚のように、今しなければいけないモノだけを取り出して 行動しています

特別なことをしているとしたら、「自分には無理だ」と諦めてしまうかもしれません。

しかし、「一つのことに集中しているだけ」と考えられたら、誰にでも「仕事ができる人」になることができます。

このように考えると、日々の整理整頓の大切さが理解できると思います。

「常に今やるべきことを収納棚から取り出して、他のことはしまっておく」 という習慣(整理整頓)を、日常生活に取り入れます。

例えば、
「ご飯を食べながら、携帯を触っている人」
「車を運転しながら、電話をしている人」
「仕事中にプライベートの話をする人」

このような人は、二つの収納棚を開けている状態なため、一つに集中しきれない人です。

整理整頓ができる人は得をするイラスト4

「私は仕事ができない」と悩んでいる人は、何かが足りていないのではなく、二つ以上のことを収納棚の引き出しから 出している状態だけなのかもしれません。

整理整頓で嬉しい変化が起こる

部屋の見た目だけを言えば、「キレイだろうと、散らかっていようとどうでもいいこと」 です。

なぜなら、「歩きにくい」「探し物が見つからない」「人を家に呼びづらい」 程度のことだからです。

しかし、「部屋の整理整頓が、日常生活や仕事に役立つ」 という目的があればどうでしょうか?

実際に整理整頓をして、

・気持ちがスッキリした
・不安になったりイライラすることが少なくなった
・仕事とプライベートでメリハリができた

など、生活に変化が起きた人もいらっしゃいます。

なぜ、そのような嬉しい変化が起きたのか?

それは、「今まで色々なことを、一度に考えすぎていただけだから」です。

整理整頓ができる人は得をするイラスト5

「生活や仕事に役立てるために整理整頓をする」という目的を持つと、片づけのモチベーションも高まります。

自分をコントロールできない者に、自由はない。

(ピタゴラス)

なぜ片づけるのか?

・整理整頓ができて得すること

・部屋は自分を映し出す鏡

・子育て四訓|手放すことの大切さ

・片付ける意味って何だろう?

・整理整頓のメリット

・色を変えるだけで部屋のイメージが変わる

・片づけで幸せになれるのか?

片づけのコツ

・モノを捨てる順番

・服を捨てられない

・収納棚を増やすだけでは・・

・財布の中身で分かる片づけが苦手な人

・楽しい気分になるモノを置く

・収納棚の片づけ方法

・使用頻度が多いほど動作を減らす

・通路・窓にはモノを置かない

・モノをグループに分けて収納

片づけのお悩み

・無気力・やる気が出ない

・モノを捨てるのは悪いこと?

・思い出のモノを捨てられない

・モノを大切にする本当の意味

・部屋を片づけようと頑張ったけど・・|片づけ失敗談

・モノを捨てると不安になる

・捨てられない人の生活

・片づけられない人を納得させるには?

・部屋がグチャグチャ

家族のお悩み

・片づけない親にイライラ|お悩みアンサー

・家族の部屋を片づけたい

・親の気持ちを傷つけない伝え方

・子供が生まれて片づけられなくなった

・親の介護に疲れて掃除ができない

・親の家を片づけたい

片づけ|ビジネス編

・「片づけ」によって会社の利益が上がる

・「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違い

・会社の整頓|モノの定位置を決めること