収納棚を増やすだけでは・・・

収納棚の落とし穴|モノを片づけられない

収納棚を上手に利用することで、モノを整えられるようになります。

しかし、
・モノを入れる場所がないから、とりあえず収納棚を買おう
・高い棚を買えば、もっとモノが入りそう
・床にモノが溜まってしまうのは、収納するところが少ないからだ

このように、「片づけられない原因は収納棚にある」と増やしてしまう人がいます。

収納棚の落とし穴イラスト1

結果、どのようになってしまうのか?

・棚を移動できなくて、掃除が大変になった
・部屋が狭くなって、圧迫感がある
・棚を増やしたら、前よりも部屋が散らかった

収納棚を増やした結果、多くの人が経験することです。

収納棚の落とし穴イラスト2

ここでは、「お金をかけてまで棚を増やしたのに、その結果、モノが部屋中に溢れてしまった」と悩みを抱えている人に、 収納棚の「適正量」と「使い方」をお伝えしていきます。

収納棚の「適正量」

まずは、収納棚の適正量について。

部屋の広さに適した、収納棚の数は決まっています。

例えば、
1DKのアパートと、2LDKのアパートに置ける棚の数は変わってきます。

部屋が広ければ、棚を置くスペースも多くなります。

部屋が狭ければ、棚も少なくしなければいけません。

「棚を置かない3つの場所」
・歩く通路
・光が当たるベランダや窓
・押入れ・扉の前

この3つを意識すると、快適な生活を送るための「収納棚の適正量」が決まります。
収納棚の落とし穴イラスト3

収納棚の「使い方」

次に、収納棚の使い方について。

収納するときには、
・モノは縦に収納
・すべてのモノが見えるように
・グループに分けて収納

以上の3つを意識すると良いです。

収納棚の落とし穴イラスト4

・モノを縦に収納
モノを縦に収納することで、一回の動作で取り出すことができます。
<良い例>

縦収納


しかし、横に重ねると、必要なモノがすぐに取り出せません。
<ダメな例>

横収納


・すべてのモノが見えるように
見える状態に収納することで、「探しモノが見つからない」というトラブルがありません。
<良い例>

すべてが見える状態


・グループに分けて収納
すべてのモノを見えるようにすることが難しい場合、グループに分けて箱に収納しましょう。

一回の動作では取り出せなくても、グループに分けることで、取り出しやすくなります。
<例:掃除用具>

グループ収納1


<例:工具>

グループ収納2


部屋をキレイに保つには、収納棚を増やすだけでは解決ができないため、「適正量」と「使い方」を意識して進めてみましょう。

片づけのコツ

・モノを捨てる順番

・服を捨てられない

・収納棚を増やすだけでは・・

・財布の中身で分かる片づけが苦手な人

・楽しい気分になるモノを置く

・収納棚の片づけ方法

・使用頻度が多いほど動作を減らす

・通路・窓にはモノを置かない

・モノをグループに分けて収納

片づけのお悩み

・無気力・やる気が出ない

・モノを捨てるのは悪いこと?

・思い出のモノを捨てられない

・モノを大切にする本当の意味

・部屋を片づけようと頑張ったけど・・|片づけ失敗談

・モノを捨てると不安になる

・捨てられない人の生活

・片づけられない人を納得させるには?

・部屋がグチャグチャ

家族のお悩み

・片づけない親にイライラ|お悩みアンサー

・家族の部屋を片づけたい

・親の気持ちを傷つけない伝え方

・子供が生まれて片づけられなくなった

・親の介護に疲れて掃除ができない

・親の家を片づけたい

なぜ片づけるのか?

・整理整頓ができて得すること

・部屋は自分を映し出す鏡

・子育て四訓|手放すことの大切さ

・片付ける意味って何だろう?

・整理整頓のメリット

・色を変えるだけで部屋のイメージが変わる

・片づけで幸せになれるのか?

片づけ|ビジネス編

・「片づけ」によって会社の利益が上がる

・「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違い

・会社の整頓|モノの定位置を決めること