使用頻度が多いほど動作を減らす

収納は使用頻度が多いモノほど動作を減らす

部屋をキレイに保つには、収納棚の使い方が大切です。

「収納棚を有効に活用している人」と「活用していない人」では、 部屋の状態も大きく変わってきます。

収納は使用頻度が多いモノほど動作を減らすイラスト

収納棚は、きちんとモノが整理されていればいいわけではありません。

必要なモノをすぐに取り出せるように収納する必要があります

「最初はきちんとモノを整頓したのに、いつの間にかごちゃごちゃになってしまった」と悩んでいる人も多いと思います。

収納は使用頻度が多いモノほど動作を減らすイラスト

一つの原因は、「モノの取り出しから戻すまでの動作が多い」からです。

例えば、紙を切るのにハサミが必要になりました。

ハサミの場所が、
1、テーブルの上にハサミがある
2、引き出しの中にハサミを入れてある
3、引き出しの箱の中にハサミを入れてある

3つのパターンの場合、ハサミの取り出しから戻すまでの動作を考えてみます。

1「テーブルの上にハサミがある」
「テーブルのハサミを取る→テーブルにハサミを戻す」まで 2回の動作が必要です。

2「引き出しの中にハサミを入れてある」
「引き出しを開ける→ハサミを取り出す→引き出しを閉める→使い終わり引き出しを開ける→ハサミを戻す→引き出しを閉める」まで 6回の動作が必要です。

3「引き出しの箱の中にハサミを入れてある」
「引き出しを開ける→中にある箱を開ける→ハサミを取り出す→箱を閉める→引き出しを閉める→ 使い終わり引き出しを開ける→箱を開ける→ハサミを戻す→箱を閉める→引き出しを閉める」まで10回の動作が必要です。

「モノを戻すまでの動作」を数えると、3の場合は、10回の動作がハサミを使うときには必要となります。

収納は使用頻度が多いモノほど動作を減らすイラスト

これでは、元の場所に戻すのが面倒になってしまいます。

しかし、1のようにすべてのモノを外に出していたら、何があるのか分からなくなって、 部屋が散らかってしまいます。

そのため、「使用頻度が多いモノほど動作を少なくすること」が大切になります。

毎日のように使用するモノなら、1の「モノを戻すまで2回の動作」を意識してみましょう。

扇風機やファンヒーターなど季節によって使用するモノは、動作が多くなっても問題ありません。収納棚の奥に入れてしまいましょう。

部屋がすぐに散らかってしまう場合は、「使用頻度に合わせてモノが適切な場所に置かれているか?」を意識するだけで、日常生活でムダな動作が少なくなります

収納は使用頻度が多いモノほど動作を減らすイラスト

ハサミを例にしましたが、すべてのモノに共通しています。

服の場合は、毎日着る服はハンガーにかけましょう。

あまり着ない服は、動作が多くなってしまう引き出しに入れます。

上段、中段、下段の収納棚がある場合は、使用しやすい順番は「中段→下段→上段」になります。

「必要な時にすぐ取り出せるように収納すること」が大切です。

片づけのコツ

・モノを捨てる順番

・服を捨てられない

・収納棚を増やすだけでは・・

・財布の中身で分かる片づけが苦手な人

・楽しい気分になるモノを置く

・収納棚の片づけ方法

・使用頻度が多いほど動作を減らす

・通路・窓にはモノを置かない

・モノをグループに分けて収納

片づけのお悩み

・無気力・やる気が出ない

・モノを捨てるのは悪いこと?

・思い出のモノを捨てられない

・モノを大切にする本当の意味

・部屋を片づけようと頑張ったけど・・|片づけ失敗談

・モノを捨てると不安になる

・捨てられない人の生活

・片づけられない人を納得させるには?

・部屋がグチャグチャ

家族のお悩み

・片づけない親にイライラ|お悩みアンサー

・家族の部屋を片づけたい

・親の気持ちを傷つけない伝え方

・子供が生まれて片づけられなくなった

・親の介護に疲れて掃除ができない

・親の家を片づけたい

なぜ片づけるのか?

・整理整頓ができて得すること

・部屋は自分を映し出す鏡

・子育て四訓|手放すことの大切さ

・片付ける意味って何だろう?

・整理整頓のメリット

・色を変えるだけで部屋のイメージが変わる

・片づけで幸せになれるのか?

片づけ|ビジネス編

・「片づけ」によって会社の利益が上がる

・「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違い

・会社の整頓|モノの定位置を決めること