服を捨てられない

服を捨てられない|片付け方法

「片付け方法を知らない」
「捨てる基準がわからない」
「いつか着るかもしれない」

などの理由で、悩んでいる人が多いです。

ここでは、服の片づけ方法を、ステップ式に進めていきます。

「片づけられない原因」も知ることができるため、同時に解決をしていきましょう。

ステップ1.一か所に服を集める

まずは、「どれくらいの服を持っているのか?」を確認するため、 収納棚も含めて、一か所に集めてみましょう。

集めるときに、「すぐに着る服」だけは、別で仕分けるようにしてください。

服が山積みになってしまうと、一日で整理できないことがあり、 「明日の着る服が見つからない」というトラブルを防ぐためです。


服を捨てられないイラスト1

ステップ2.服の配置場所を決める

続いて、服の収納場所を決めましょう。

収納場所を最初に決めることによって、「必要な服」「不要な服」を仕分けるときに、 残せる量を考えながら進められます。

収納スペースを決めたら、ステップ1で分けた「すぐに着る服」を収納していきましょう。


服を捨てられないイラスト2

ステップ3.「4つの分類で仕分け」

続いて、一か所にまとめた服を、
「今後、着る服」
「着るかもしれない服」
「着ないけど、捨てられない服」
「捨てる服」
の4分類で仕分けをしていきます。


服を捨てられないイラスト3

捨てる服は、ゴミ袋に入れてしまいましょう。

ステップ4.「今後、着る服」から収納

4つの分類で仕分けが終わったら、「今後、着る服」→「着るかもしれない服」→「着ないけど、捨てられない服」 の順番で収納していきましょう。

「夏服」「秋服」「冬服」「春服」で、季節ごとに収納していくと分かりやすいです。

「ステップ2」で、収納場所を決めたことが、ここで役立ちます。

必要な服から収納していくことで、入らなくなった時が上限だと分かるからです。


服を捨てられないイラスト4

3つの問題点

ステップ1~ステップ4まで、順調に進めばいいですが、 片付けがストップしてしまう問題が3つあります。

1つ目は、「今後、着る服」の枚数が多すぎる場合。


服を捨てられないイラスト5

「必要?不要?」と選択をしていると、どうしても必要な服が残りやすいため、作業が進まない可能性があります。

片づけは、モノを減らさなければ意味がありません。

枚数が多すぎてしまう場合は、それぞれの服で、残す上限を決めることが効果的です。

例えば、
「シャツ10枚まで」
「ジャケット5枚まで」
「ジーパン5枚まで」
服を捨てられないイラスト6

このように、収納スペースに合わせて、適した枚数を決めていきましょう。

2つ目は、「着るかもしれない服」が多い場合。

服を捨てられないイラスト7

「いつか着るかもしれない服」は、ほとんど着る機会はないと思いますが、 迷ってしまう場合は有効期限を決めます。

ダンボール写真


理由は、期日内に使用しなければ「不要な服だった」と、納得して捨てることができるからです。

3つ目は、「着ないけど、捨てられない服」が溜まった場合。

服を捨てられないイラスト8

この場合は、「モノを手放すことが出来ない人」なので、「もったいない」の考え方から抜け出す必要があります。

捨てることは悪くない

「着ないけど、捨てられない服」を思いきって捨てれば、スムーズに片づけが進んでいきますが、 できない人も多くいます。

理由は、「捨てることに罪悪感があるから」です。

「使えるのにもったいない」
「モノを大切にしないと・・」
「誰か欲しい人がいるかもしれない」

服を捨てられないイラスト9

このように考えてしまい、捨てることができません。

服は、買い物で失敗しやすいモノです。

このような経験はないでしょうか?

「タグを付けたまま、一度も着ていない」
「安くて買ったけどイマイチだった」
「一回着ただけで、押入れの中にしまっている」

服は、季節でデザインが変わるため、 家具や家電製品のように長い間使うよりは、流行に合わせて着ることが 多いです。

そのため、
服は、まだ使えるのに溜まってしまう「代表的なモノ」になります。

「ほとんど着ていないから・・」と捨てられない人がいますが、 着なかった服を捨てることで、プラスに働く効果があります。

それは「失敗を教えてくれた」と考えることができるからです。

もし、次に購入するときは「あのときは捨てたけど、本当に着る服かな?」 と慎重になり、ムダな買い物がなくなります。

部屋の中に「ほとんど着ていない服」が多くある場合、同じ失敗を繰り返しています。

厳しい言い方をすれば、買い物の失敗を認めず、押入れにしまい込んでいる状態です。

服を捨てられないイラスト10

本当の意味でモノを大切にするためにも、今の自分に必要のない服は「今までありがとう」

ほとんど着なかった服は「失敗を教えてくれてありがとう」と捨てましょう。

「捨てる」「手放す」は、日常生活で大切になります

片づけのコツ

・モノを捨てる順番

・服を捨てられない

・収納棚を増やすだけでは・・

・財布の中身で分かる片づけが苦手な人

・楽しい気分になるモノを置く

・収納棚の片づけ方法

・使用頻度が多いほど動作を減らす

・通路・窓にはモノを置かない

・モノをグループに分けて収納

片づけのお悩み

・無気力・やる気が出ない

・モノを捨てるのは悪いこと?

・思い出のモノを捨てられない

・モノを大切にする本当の意味

・部屋を片づけようと頑張ったけど・・|片づけ失敗談

・モノを捨てると不安になる

・捨てられない人の生活

・片づけられない人を納得させるには?

・部屋がグチャグチャ

家族のお悩み

・片づけない親にイライラ|お悩みアンサー

・家族の部屋を片づけたい

・親の気持ちを傷つけない伝え方

・子供が生まれて片づけられなくなった

・親の介護に疲れて掃除ができない

・親の家を片づけたい

なぜ片づけるのか?

・整理整頓ができて得すること

・部屋は自分を映し出す鏡

・子育て四訓|手放すことの大切さ

・片付ける意味って何だろう?

・整理整頓のメリット

・色を変えるだけで部屋のイメージが変わる

・片づけで幸せになれるのか?

片づけ|ビジネス編

・「片づけ」によって会社の利益が上がる

・「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違い

・会社の整頓|モノの定位置を決めること


Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.