かたづけ隊ホームページお客様の声・片づけブログ

片付け代行、不用品回収や遺品整理、ごみ屋敷の作業実績

モノの適正量のチェックポイント
1「歩く通路にモノを置いてある」
2「ドアを開ける時にモノがあって全開に開かない」
3「光が入ってくる窓やベランダにモノを置いてあることで日中も暗い」
4「押入れを開けると崩れてきそうなくらいのモノがある」
5「高いところに、モノを積み重ねて置いている」
6「何がどこにあるのか分からない」

生活をしている中で、1〜6の項目が当てはまる場合は、「モノが多すぎ」の可能性があります。

モノを使わなくなると、収納棚に入れようとします。

理由は、「もう使わないかもしれないけど、とりあえずしまっておこう」と、押入れやタンスの中に入れてしまうからです。

収納棚にモノがいっぱいになっても片づけをしなければ、今度は歩く通路にモノを置くようになります

そのため、歩く通路にモノが多い家庭で、収納棚にモノが少ないことは、私の経験上は一度もありません。

置き場所に困ってくると、ベランダや窓際のスペースにモノを置くことも多くなります。

タンスや食器棚の上にモノを置いてしまう人は、どこにも入れる場所が無くて、とりあえず上に置いているのではないでしょうか?

また、
モノが増えてくると、積み重ねたり奥に詰め込んでしまうため、「どこにモノがあるのか分からない」という問題が起こります。

歩くスペースがないほどモノが溢れている状態では、快適な生活を送れていません

 モノが多すぎる判断をしやすい場所が、「キッチン」になります。

理由は、キッチンは小物が集まる場所なため、モノの適正量を超えると、すぐにぐちゃぐちゃになってしまうからです。

お皿、コップ、はし、スプーンなど細かいモノが集まるキッチンでは、散らかりやすいです。

油、調味料、生ものを使用する場所でもあるため、一度汚れてしまうと臭いやカビが発生して、掃除をあきらめてしまう人も多いです。

「料理は好きだけど、片づけが苦手」という理由から、料理をしなくなった人も多いのではないかと思います

キッチン以外でも、それぞれの場所に合ったモノの適正量を超えると、困ることがたくさんあります。

これから整理整頓をされる人は、モノは部屋の3割、多くても4割程度を目標にしましょう。

そのためには、収納棚や押入れなどを有効に活用することが大切になります。
2016.11.04 08:53 | 記事全文 |
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声・片づけブログ一覧に戻る

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.