かたづけ隊ホームページお客様の声・片づけブログ

片付け代行、不用品回収や遺品整理、ごみ屋敷の作業実績

壊れていないモノは捨てにくい
「壊れていなくて、まだ使用できるモノ」は捨てにくいです。

代表的なモノが、服、家電製品、食器などの日用品です。

服は流行モノで、毎年着る服が変わることが多いため、数も増えていきます。

とくに女性は、服を捨てられなくて、困っている人が多いです。

家電製品は、故障すれば迷わず捨てられますが、まだ使える状態だと「もったいない」からと押入れの奥などに入れてしまいやすいモノです。

食器類では、コップ、お茶碗、お皿などもたくさんの量をため込んでしまいがちです。

気に入った形やデザインの食器があり、必要以上に購入してしまったことが一度はあるのではないでしょうか?

どのようなモノでも、形あるモノは捨てられない傾向にあります

 茶碗や皿は、割れてしまえば「もう使えないから捨てよう」と考えることができます。

ソファーやベッドなどの家具も、汚れてきたり、破れてしまえば捨てることを考えるようになります。

しかし、
・CD、DVDは、「もう聴いたり観ることはないけど、壊れていないから」
・ぬいぐるみは、「カワイイから捨てられない」
・フライパンや鍋は、「新しいモノを購入したから使わないけど、一応使えるから」

このようなモノに共通しているのは「モノが形として残っている」ことにあります
2016.11.05 07:53 | 記事全文 | 片づけの悩み
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声・片づけブログ一覧に戻る

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.