かたづけ隊ホームページお客様の声・片づけブログ

片付け代行、不用品回収や遺品整理、ごみ屋敷の作業実績

片づけられない人の特徴
新しいモノ好きな人

モノが増えてしまうほど、片づけが難しくなります。

・欲しくなると、すぐに買ってしまう
・新しいモノが販売されると、我慢できない
・買うつもりはなかったのに・・

新しいモノ好きな人を否定するつもりはありませんが、
使わなくなったモノをどうしているでしょうか?

・リサイクルショップに持ち込む
・すぐに処分する
・家族や友人にあげる

このような選択ができる人は問題ありません。
モノが増えても片づけられる人です。

片づけられない人の場合は、

・誰か欲しい人がいるかもしれない
・今は使わなくても、いつか使うかもしれない
・捨てるのはもったいない

このような選択をしていると、あっという間に部屋がモノで溢れてしまいます。

解決法

新しいモノ好きな人は、「片づけられない」のではなく、モノが増えているだけです。

そこで、「新しいモノを購入したら、古いモノを手放す」ことを意識してみてください。

ここで、「いつか使うかもしれない」と考えてはいけません。

なぜなら、新しいモノ好きな人は、「古いモノを使うことはないから」です。

空間に入る数には、限界があることを考えていきましょう。


愛知県で、モノが捨てられない人の実際にあったお話があります。

ご依頼されたお客様は、お金には余裕がある人でした。

しかし、ダンボールや紙袋一つ捨てることができません。

一軒家のため、とても広かったのですが、1階も2階もモノに溢れて歩くスペースもありませんでした。

モノの置き場所がなくなったお客様が、次に取った行動があります。

それは、所有している畑に大きな倉庫を作ってしまったのです

お金には余裕があるため、「新しい箱を作ってしまえばいい」と考えたのだと思います。

きっと1年もすれば、モノに溢れて、同じように箱を作ることになるでしょう。

モノを減らすことができなければ、自分の居場所がなくなっていくことは間違いありません
2016.09.27 17:27 | 記事全文 | 片づけの悩み
桑名市木曽岬町でキッチンの片づけ
桑名市の一軒家にお住いのお客様から、キッチンの片づけ依頼がありました。

お客様は足の調子が悪く、片づけができないことでお問い合わせがあり、キッチン収納棚にある調理器具や、食器類を片づけてきました。

2時間の作業で、ほとんどの不要品を片づけることが出来ました。

冷蔵庫やテーブルの配置移動もサービスで行い、お客様にも喜んでもらえて良かったです。

桑名市のお客様、本日はご依頼ありがとうございました。

2016.09.27 17:02 | 記事全文 | 不要品回収
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声・片づけブログ一覧に戻る

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.