かたづけ隊ホームページお客様の声・片づけブログ

片付け代行、不用品回収や遺品整理、ごみ屋敷の作業実績

モノを大切にする本当の意味
「捨てたいとは思っているけど捨てることができない」と悩んでいる人が多くいます。

ここでは、モノを捨てることが「良いことか?悪いことか?」ではなく、そもそもモノは何のために存在しているのかを考えていきます。

意識を変えることによって、今の自分に不要なモノを手放せるようになります。

モノにも魂が宿るとしたら?

モノにも魂が宿ると言われています。

もし、人間のように生きているとしたら、どのように使われたらモノは一番幸せでしょうか?

反対に、モノにとって「一番不幸な使われ方は何か?」を考えてみてください。

家具の場合は、
「大事に使ってくれている」「必要とされている」

写真やプレゼントされたモノの場合は、
「見る度に人が楽しい気分になってくれる」

このような答えに、多くの人は共感できると思います。

それでは、最もモノにとって不幸なことは何でしょうか?

それは、「モノを使われないこと、存在を忘れられていること」です。

捨てられない多くの人はモノに対して、「まだ使えるから捨てない」 「プレゼントでもらったモノだから」

また、「まだ使えるモノを捨てるなんて何を考えているの?」と怒ってしまう人もいます。

子供の頃から、親にそのような教育を受けられてきた場合は、捨てるのを悪いように考えてしまいがちです。

しかし、 「捨てることが悪い」と考えている人ほど、本当の意味でモノを大切にしていません

私は、部屋の片づけの仕事をしていますが、引っ越しによる片づけ依頼や家族が亡くなり、遺品整理のご依頼を受けることがあります。

そこで、多くのお客様に共通していることが、今まで何年も使っていなかったモノが大量に出てくることです。

例えば、押入れからはカビの生えた布団や毛布、キッチンの収納棚を開けると、使いようがない食器の数々。

一度も使われていない粗品のタオルなども、よく出てくるモノの一つです。

このようなモノというのは、一生使われることなく存在も忘れられ、見つけられた時には捨てられるモノになります。

これこそ、モノにとっての本当の不幸ではないかと思います。

人間で例えると、「真っ暗なところに一生入れられて、誰からも気づいてもらえない」という状態です。

現代では、何もしなくてもモノは勝手に入ってきます。

ポストに入ってくるハガキやチラシもすべてモノです。

モノは買うときよりも、捨てるときの方が難しいです

買うときはお金があれば簡単にできますが、捨てるときは思い出が強いモノほど困難になります。

モノというのは人によって作られたモノです。

人に使われるために生まれてきた」と言ってもいいでしょう。

モノを捨てられなくて悩んでいる人は、何のためにモノがあるのかを考えてみてほしいと思います。

今後使わないモノは、「今まで使わせて貰ってありがとう」と自分が責任をもって処分することが大切です。
2016.10.17 08:18 | 記事全文 | 片づけの悩み
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声・片づけブログ一覧に戻る

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.