かたづけ隊ホームページお客様の声・片づけブログ

片付け代行、不用品回収や遺品整理、ごみ屋敷の作業実績

部屋のモノは何から捨てる?
片づけを始めようとするとき、「何から捨てよう?」と困っている人が多くいらっしゃいます

ここでは、当社が部屋の片づけを進めるときの手順について紹介をしていきます。

片づけの仕方を少し工夫するだけでスムーズに進むため、ぜひ参考にしてください。

「玄関までの通路のモノ」「大きなモノ」から優先的に捨てよう

何から捨てようか迷っている人は、「玄関までの通路」「大きなモノ」を最初に捨てることをおススメします。

理由としては、部屋にスペースを作ることが大切だからです。

部屋にあるすべてのモノを捨てる場合は、何から始めても問題ありませんが、「残すモノ」と「要らないモノ」を分けながら進めていく場合は、 置くスペースが必ず必要になります。

 大きなモノを優先的に処分することで、スペースに必要なモノを置けるようになります。

また、「部屋が広くなった」と片づけのモチベーションも上がっていきます

しかし、
「中にモノが入っていてタンスを捨てられない」
「外まで出す通路に、モノがあって移動ができない」

タンス・勉強机・食器棚・ベッドなどを捨てたい場合、このような問題から捨てられない人も多いのではないでしょうか?

通路にモノがある状態で、部屋の中から片づけを進めてしまうと、ゴミを運びだす度に通路のモノが邪魔になってしまいます

通りにくいとイライラしてくるため、何から片づけていいか困っている人は、まずは通路のモノと、大きなモノから始めてみましょう。
2016.11.17 14:27 | 記事全文 | 片づけの悩み
汚い押入れを整理したい
モノを溜めこみやすい場所の一つが、押入れになります。

押入れというのは、収納の中でも、多くのモノを入れられるため、有効に活用をすればモノを納める場所としては最適です。

しかし、「使わないモノ」「とりあえずモノを入れてしまう場所」でもあります。

現在、押入れの整理をしたいと考えている人は、「使わないモノが溜まっている」「必要なモノが取り出せない」などの状態だと思います。

お客様からは、「今まで使っていたモノを溜めこんでいたら、押入れがパンパンになってしまい、一人では片づけられなくなった」という相談が多いです。

パンパンになった押入れの中のモノをすべて出すと、想像以上の量になります。

そのため、「整理したいけどモノがありすぎて・・」と片づけを断念する人も少なくありません

その他にも、女性のお客様からは、
「押入れからゴキブリが出たことがあり、それ以来は一度も開けていない」
「くもの巣がある場所を、掃除することができない」

など、意外な理由で整理ができない人もいらっしゃいます。

しかし、部屋というのは生活をする上で大切な場所になります。

押入れに収納できるはずのモノが出しっぱなしになると、部屋が狭くなってしまいます。

今の現状で、「部屋にモノがありすぎて狭い」と思われている人は、押入れを片づけると収納するスペースが多くなり、空間を広く使うことができます。
2016.11.17 14:21 | 記事全文 | 片づけの悩み
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声・片づけブログ一覧に戻る

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.