かたづけ隊ホームページお客様の声・片づけブログ

片付け代行、不用品回収や遺品整理、ごみ屋敷の作業実績

両親の部屋を整理したい
両親とは別々で暮らしているお客様から、「実家に帰るたびにモノが多くて困っています。両親ともに片づけが苦手で・・・」 と、ご相談されることがあります。

最近では、親の家の片づけの悩みで、子供さんからのお問い合わせも増えてきています。

年齢を重ねる度に、体力、気力、判断力が衰えてくるため、「親の家を片づけてあげたい」と思っている方は、 早いほうが良いです。

しかし、親との片づけは理想通りに進まないことが多いです。

「親の家をキレイに片づけて、喜んでもらいたい」と多くの子供さんが考えていると思います。

しかし、現実は片づけを始めようとすると、

「それは捨ててはダメ、勝手に判断しないで」
「まだ使えるモノばかりだからそのままにして」
「片づけは疲れるから、また今度にする」

などの理由で、親との片づけが進まない人も多いのではないでしょうか?

モノの価値観は人それぞれ違いますので、片づけを親と一緒にするのは難しいことが現実です。

それでも「両親の部屋をキレイにしてあげたい」と強く思っている人もいますので、 ここでは「親と一緒に片づけるコツ」を私からご提案したいと思います。

両親の片づけのペースに合わせよう

親子は他人とは違い、遠慮せずに話せます

そのため、自分が思っていることをガンガン言ってしまいがちですが、ここは親のペースに合わせて進めていくことを意識してください。

先ほどもお伝えしましたが、年齢を重ねる度に、体力、気力、判断力が衰えてきます。

モノを「残す?捨てる?」という判断の遅さに、子供からしたら「何でそんなに迷うの?早くして」とイライラしてくることもあると思います。

しかし、自分が不機嫌になってしまった時点で、親の片づけは止まってしまいます

理由は、子供を不機嫌にさせてまで親は片づけをしたくないからです

親と一緒に片づける時間を決める

整理整頓アドバイザーのお仕事をしているため、 お客様と一緒に片づけを進めていく機会が多いのですが、やはり「残そうか?捨てようか?」と悩まれる人が多いです。

正直に言いますと、片づけを専門でしていても、お客様の判断が遅くてイライラすることがあります

しかし、冷静に考えてみると「相手にイライラする時は自分に余裕がないとき」です。

相手の立場を考えれば、大切なモノを「残すか?捨てるか?」と迷うのは当たり前のだと理解ができます。

そのため、「相手と同じ気持ちになって、一緒に作業が出来る時間の目安が必要」だと感じました。

私の場合は、多くの片づけを経験してきて「お客様と同じ立場になって片づけられるのは約3時間」だと分かりましたので、 ご依頼を頂いた際は、一日最大でも3時間と決めています。

しかし、これから親と一緒に片づけを進めていく方は、実際に親と片づけをしてみなければ分かりません

また「時間の目安」というのは、自分だけでなく親のことも意識する必要があります。

例えば、親が30分ほどで「ハア、片づけは疲れる」という言葉や、片付けるスピードが遅くなってきたら、 その時間が片づけをする一日の目安と決めてしまっても良いです。

イライラしながら一度に片づけようとしても、気分が悪くなってしまいますので、 お互いのモチベーションが保てる時間を考えながら作業を進めてみてください。

何回か作業をしていれば「親と一緒に片づけが出来る時間はこれくらいかな?」と分かってきます。

片づけのモチベーションが保てる時間が分かれば、その間だけ集中して片づけを進めることが出来ます。

自分のお部屋を片づける時は、体力が続く限り進めることが出来ますが、少なくとも子供より親は体力が衰えていることを 気遣ってあげてほしいと思います。
2016.11.25 09:39 | 記事全文 | 片づけの悩み
片づけ親を説得する前にすること
自分の所有物から片づける

「実家の片づけを親と一緒にしたい」と考える子供さんが多くなりました。

親が元気な時に、モノの整理をしていくことは大切です。

一軒家であれば、モノを置くスペースがあるため、要らないモノでも取り合えず保管をしてしまいがちになります。

そのため、押入れの中や、現在使っていない部屋などが、物置になってしまっていることも少なくありません。

子供が成人して、実家に住まなくなると、昔のモノをそのままに放置してしまうことも多いため、何十年と片づけていない状態もあります。

親が病気で亡くなり、実家にある大量の家具の処分を廃棄業者に依頼をしたら、 想像以上の費用になったケースもあり、「こんなにモノを残して亡くなって・・」と親に嫌悪感を抱いてしまうこともあります。

また、親の介護で、介護用のベッドや車いすが通れるスペースが必要になった時に、 「部屋にモノがありすぎて・・・」と、片づけに困ってしまう方も多くいらっしゃいます。

親がいつまでも元気でいてくれれば良いですが、最悪のケースを考えた場合は、健康なうちに家族全員で、一度は実家のモノを片づけたいところです。

親が、前向きに片づけに取り組んでくれる場合は問題ありませんが、体力的、精神的にやる気にならない親も多いと思います。

そのような場合は、親の場所を片づける前に、実家にある自分の所有物から片づけてみてください。

リビングやキッチンなど、家族の共有場所や、親のモノに目がいきがちになりますが、自分の所有物を探してみると意外に見つかります。

実家で暮らしていない場合は、泊まりに来た時の最低限のモノだけで十分だと思います。

例えば、
学生時代に使用していた「勉強机、本棚、漫画、CD」など、要らないモノがあるようなら、まずは親を説得する前に片づけてしまいましょう。

理由としては、親は子供が使用していたモノは、「要らないから捨てても良いよ」と子供から言われても捨てにくいことが多いからです。

勉強机にしても、親からしたら思い出のモノになります。

しかし、勉強机というのは、学校を卒業してしまえば使わなくなることがほとんどです。

「子供のモノだからとりあえず残しておこう」と考えてしまいがちですが、勉強机はスペースを取ってしまうため、利用することなく物置の一つになっている 家庭が多いです。

自分のモノを捨てることによって部屋がスッキリします。

そして、片づけのコツも分かってきますので、親と一緒に作業を進める時にもスムーズになります。
2016.11.25 09:35 | 記事全文 | 片づけの悩み
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声・片づけブログ一覧に戻る

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.