かたづけ隊ホームページお客様の声・片づけブログ

片付け代行、不用品回収や遺品整理、ごみ屋敷の作業実績

片づけ|親に怒られる
20代女性、Aさんのお悩み

私は父、母、兄の4人家族で一軒家に暮らしています。

「自分の部屋くらいは片づけなさい」と 親から言われ続けています。

私の部屋が家族よりも散らかっているということは自覚していますが、家族に迷惑をかけているわけではないので片づける気になりません。

友達と遊ぶときも外で遊ぶため、誰に見られるわけでもありません。

ただ、部屋のことで毎日家族とケンカをするのもうんざりしている状態です。

お悩みアンサー

片づけが原因で、家族でケンカになることはよくあります。

自分が片づいていると思っていても、家族に「片付けをしなさい」と言われると腹も立ってしまいます。

片づけの基準はないため、Aさんが今の部屋の状態でも生活に問題がなければ片付ける必要はないと思います。

しかし、一つ考えてほしいのは、今のお部屋はAさんのものでは無いということです

今の家は誰が建ててくれたものでしょうか?

家賃、光熱費、食費などを親に支払っているのでしたら、自分の意見を言っても良いとは思いますが、 今のお部屋はAさんだけのものではありません。

アパートを借りて、一人で暮らしているのでしたら、自分が責任を持って借りている部屋ですので、誰にも文句は言われません。

しかし、今の現状では、

自分の部屋ではなく、家族の部屋なため、家族から「片づけなさい」と言われているのなら、片づける必要があると思います。

片づけ方法が分からなければ、素直に「手伝ってほしい」と、家族に相談すれば手を貸してくれるはずです。

どうしても片づけたくないというのであれば、アパートを探して一人で暮らす選択肢もあります。

一人暮らしを始めると、親のありがたみも分かると思います

Aさんは「自分の部屋が散らかっている」と自覚しているので、その気になれば必ず片づけはできます。
2016.10.21 09:02 | 記事全文 | 片づけの悩み
一軒家の片づけ方法
一軒家を丸ごと片づける場合、モノが大量にあり、処分に困ることがあります。

ここでは、不用品の処理をスムーズに進めるための手順をご提案します。

まずは片づけ業者にお見積もり

タンス・冷蔵庫・食器棚などの大型家具があるときには、搬出に困ってしまいます。

そのような場合は、片付け業者にお見積もりを 依頼して、料金を確認しておきましょう。

片づけ費用で、予算をオーバーしてしまう場合は、 お急ぎでなければ、ゴミ袋に入るごみは「ゴミ出しの日」に出すようにしましょう。

まるごと片づけを業者に依頼すると、それなりの費用がかかります。

粗大ごみを、決められた日にちに回収してくれる地域も あるため、確認をしてみましょう。

再利用できる衣類、雑誌、新聞紙、ダンボールなどは、 近くに回収場所があれば持ち込むことによって、処分料金を抑えられます。

リサイクルショップなどの買取業者

新しい製品や家具などは、不用品として捨てるのではなく、買取りをしてくれることもあります。

売れそうなモノは、お近くのリサイクルショップへ問い合わせをしてみましょう。

処分しようとしていたモノが、お金に変わればラッキーです。

信頼できる業者選びを

どうしても片づけられなくて、片づけ業者に依頼することがあると思います。

一軒家など大量にゴミが出るときには、 信頼できる業者選びが必要になります。

片づけを依頼すると、不用品の処分代、トラック代、人件費などがかかります。

あまりに安い金額で依頼をしたら、不法投棄されていたり、後から追加で料金を提示された という話もあるため、注意をしましょう。
2016.10.20 10:30 | 記事全文 | 片づけの悩み
モノを大切にする本当の意味
「捨てたいとは思っているけど捨てることができない」と悩んでいる人が多くいます。

ここでは、モノを捨てることが「良いことか?悪いことか?」ではなく、そもそもモノは何のために存在しているのかを考えていきます。

意識を変えることによって、今の自分に不要なモノを手放せるようになります。

モノにも魂が宿るとしたら?

モノにも魂が宿ると言われています。

もし、人間のように生きているとしたら、どのように使われたらモノは一番幸せでしょうか?

反対に、モノにとって「一番不幸な使われ方は何か?」を考えてみてください。

家具の場合は、
「大事に使ってくれている」「必要とされている」

写真やプレゼントされたモノの場合は、
「見る度に人が楽しい気分になってくれる」

このような答えに、多くの人は共感できると思います。

それでは、最もモノにとって不幸なことは何でしょうか?

それは、「モノを使われないこと、存在を忘れられていること」です。

捨てられない多くの人はモノに対して、「まだ使えるから捨てない」 「プレゼントでもらったモノだから」

また、「まだ使えるモノを捨てるなんて何を考えているの?」と怒ってしまう人もいます。

子供の頃から、親にそのような教育を受けられてきた場合は、捨てるのを悪いように考えてしまいがちです。

しかし、 「捨てることが悪い」と考えている人ほど、本当の意味でモノを大切にしていません

私は、部屋の片づけの仕事をしていますが、引っ越しによる片づけ依頼や家族が亡くなり、遺品整理のご依頼を受けることがあります。

そこで、多くのお客様に共通していることが、今まで何年も使っていなかったモノが大量に出てくることです。

例えば、押入れからはカビの生えた布団や毛布、キッチンの収納棚を開けると、使いようがない食器の数々。

一度も使われていない粗品のタオルなども、よく出てくるモノの一つです。

このようなモノというのは、一生使われることなく存在も忘れられ、見つけられた時には捨てられるモノになります。

これこそ、モノにとっての本当の不幸ではないかと思います。

人間で例えると、「真っ暗なところに一生入れられて、誰からも気づいてもらえない」という状態です。

現代では、何もしなくてもモノは勝手に入ってきます。

ポストに入ってくるハガキやチラシもすべてモノです。

モノは買うときよりも、捨てるときの方が難しいです

買うときはお金があれば簡単にできますが、捨てるときは思い出が強いモノほど困難になります。

モノというのは人によって作られたモノです。

人に使われるために生まれてきた」と言ってもいいでしょう。

モノを捨てられなくて悩んでいる人は、何のためにモノがあるのかを考えてみてほしいと思います。

今後使わないモノは、「今まで使わせて貰ってありがとう」と自分が責任をもって処分することが大切です。
2016.10.17 08:18 | 記事全文 | 片づけの悩み
岐南町八剣でソファーの引き取り
アパートにお住いのお客様から、ソファーの片づけ依頼です。

「休日の朝に対応してほしい」ということで、本日の8時にお伺いを致しました。

4階からの階段からの搬出になりましたが、無事に作業を終えることができました。

岐南町のお客様、本日はご依頼ありがとうございました。

2016.10.16 08:57 | 記事全文 | 不要品回収
可児市今渡で引っ越しの片づけ
アパートにお住いのお客様から、引っ越しによる片づけ依頼です。

「仕事が忙しくて、不要なモノを片づける時間がない」ということで、ご依頼を頂きました。

作業は1時間ほどで終わり、部屋の不用品の処理と掃き掃除までしてきました。

可児市のお客様、本日はご依頼ありがとうございました。

2016.10.14 15:08 | 記事全文 | 引越しの片づけ
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声・片づけブログ一覧に戻る

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.