かたづけ隊ホームページお客様の声・片づけブログ

片付け代行、不用品回収や遺品整理、ごみ屋敷の作業実績

大府市横根町で部屋の片付け
大府市のアパートにお住いのお客様から、引っ越しによる片づけ依頼。

急な引っ越しにより、部屋の片づけが間に合わないということで、お問い合わせをいただきました。

作業は1時間で終わり、お客様にも喜んで頂けて良かったです。

大府市のお客様、本日はご依頼ありがとうございました。
2016.11.19 11:29 | 記事全文 | 引越しの片づけ
モノの在りかた|仏教から学ぶ
仏教でこのような言葉があります。

諸行無常
「すべては生まれては滅び、常に移り変わっていく」という意味です。

この言葉を、思い出のモノに置き換えると、「そもそも思い出のモノを持っている必要があるのか?」と考えてしまいます。

理由は、「生活をしていれば同じことが二度と起こらないのに、過去を思い出してどうする?」と疑問に感じるからです。

思い出のモノを捨てると不安になる人は、「過去の執着」から、今の生活が不安になっている人が多いのではないでしょうか?

また、将来への不安は「自分は将来~になっていたい」という欲から生まれているのではないでしょうか?

将来の目標を持つことは大切です。しかし、理想をイメージしすぎて不安になっては意味がありません

仏教の教えと、モノを手放すことは関係してきます。

つ「思い出がなくなるから不安になる」のではなく、「思い出がたくさんありすぎて、今が不安になっている」ということです。
2016.11.19 11:29 | 記事全文 | 片づけの悩み
細かいゴミを片づけるコツ!
細かいゴミを捨てる場合は、「可燃ごみ」「不燃ごみ」「資源ごみ」の袋に分けられている市町村が多いです。

「仕分けをしながら袋に入れていくのに時間がかかる」と、分別が苦手な人に共通している行動があります

それは、すべての袋を同時に広げて分別をしていることです

例えば、キッチンのゴミを片づける時に、
「ペットボトルは資源ごみ」
「食べた残りモノは可燃ごみ」
「割れた食器は不燃ごみ」

というように、一つ一つ手に取って分けてしまいがちですが、この方法では時間がかかる上に頭も疲れてしまいます

そこで、細かい分別の作業を始める人は、ゴミの中で一番割合が多いモノだけを袋に入れるようにしてみてください

例えば、キッチンで食器類を多く捨てる場合は、不燃ごみ袋だけを広げましょう。

すると、目の前の不燃ごみだけを片づけることができるため、ゴミの仕分けスピードが速くなります

「可燃ゴミだけを袋に入れる」
「不燃ゴミだけを袋に入れる」
「資源ゴミだけを袋に入れる」

このように、それぞれの部屋で多いゴミから優先的に仕分けると、「今何を片づけているのか?」が明確になります

また、部屋中にゴミ袋が広がることもありません。
2016.11.18 09:56 | 記事全文 |
捨てやすいモノから
部屋の片づけは、捨てやすいモノから始めることが大切です。

お客様と一緒に部屋の片づけを進めますが、最初は捨てることに苦戦します。

一つモノを手に取ると、「どうしよう、まだ使うかな?」「友達からもらったモノだから捨てにくいな」と迷ってしまう人が多いです。

しかし、作業を進めていくと、ほとんどのお客様に変化が起きます。

それは、「最初の頃に比べて、捨てる?残す?の判断スピードが早くなっている」ということです。

そのような経験から、捨てやすいモノから進めるていき、徐々に慣れていくことが大切だと感じました。

捨てるのに苦戦するモノは、書類、写真、思い出のモノになってきます。

また、女性の場合は、衣類や化粧品も捨てにくいモノに含まれると思います。

片付けにくいモノから始めると頭が疲れるため、自分が片付けやすいモノから始めましょう。

 「捨て方が分からないモノ」も出てきます。あらかじめ、市町村のゴミ分別表を準備しておくことも必要です。
2016.11.18 09:50 | 記事全文 |
部屋のモノは何から捨てる?
片づけを始めようとするとき、「何から捨てよう?」と困っている人が多くいらっしゃいます

ここでは、当社が部屋の片づけを進めるときの手順について紹介をしていきます。

片づけの仕方を少し工夫するだけでスムーズに進むため、ぜひ参考にしてください。

「玄関までの通路のモノ」「大きなモノ」から優先的に捨てよう

何から捨てようか迷っている人は、「玄関までの通路」「大きなモノ」を最初に捨てることをおススメします。

理由としては、部屋にスペースを作ることが大切だからです。

部屋にあるすべてのモノを捨てる場合は、何から始めても問題ありませんが、「残すモノ」と「要らないモノ」を分けながら進めていく場合は、 置くスペースが必ず必要になります。

 大きなモノを優先的に処分することで、スペースに必要なモノを置けるようになります。

また、「部屋が広くなった」と片づけのモチベーションも上がっていきます

しかし、
「中にモノが入っていてタンスを捨てられない」
「外まで出す通路に、モノがあって移動ができない」

タンス・勉強机・食器棚・ベッドなどを捨てたい場合、このような問題から捨てられない人も多いのではないでしょうか?

通路にモノがある状態で、部屋の中から片づけを進めてしまうと、ゴミを運びだす度に通路のモノが邪魔になってしまいます

通りにくいとイライラしてくるため、何から片づけていいか困っている人は、まずは通路のモノと、大きなモノから始めてみましょう。
2016.11.17 14:27 | 記事全文 | 片づけの悩み
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声・片づけブログ一覧に戻る

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.