かたづけ隊ホームページお客様の声・片づけブログ

片付け代行、不用品回収や遺品整理、ごみ屋敷の作業実績

汚い押入れを整理したい
モノを溜めこみやすい場所の一つが、押入れになります。

押入れというのは、収納の中でも、多くのモノを入れられるため、有効に活用をすればモノを納める場所としては最適です。

しかし、「使わないモノ」「とりあえずモノを入れてしまう場所」でもあります。

現在、押入れの整理をしたいと考えている人は、「使わないモノが溜まっている」「必要なモノが取り出せない」などの状態だと思います。

お客様からは、「今まで使っていたモノを溜めこんでいたら、押入れがパンパンになってしまい、一人では片づけられなくなった」という相談が多いです。

パンパンになった押入れの中のモノをすべて出すと、想像以上の量になります。

そのため、「整理したいけどモノがありすぎて・・」と片づけを断念する人も少なくありません

その他にも、女性のお客様からは、
「押入れからゴキブリが出たことがあり、それ以来は一度も開けていない」
「くもの巣がある場所を、掃除することができない」

など、意外な理由で整理ができない人もいらっしゃいます。

しかし、部屋というのは生活をする上で大切な場所になります。

押入れに収納できるはずのモノが出しっぱなしになると、部屋が狭くなってしまいます。

今の現状で、「部屋にモノがありすぎて狭い」と思われている人は、押入れを片づけると収納するスペースが多くなり、空間を広く使うことができます。
2016.11.17 14:21 | 記事全文 | 片づけの悩み
関市下之保で不用品の片づけ
今日は、関市で不用品の片づけをしてきました。

「希望日時に対応していた」ということでご依頼をいただきました。

本日はご依頼ありがとうございました。
2016.11.16 15:57 | 記事全文 | 不要品回収
便利さを求めて、モノを近くに置かないこと
ここでは、便利さを求めて、すべてのモノを近くに置いてしまった主婦を例にしてあげます。

キッチンは、主婦の多くの人が使う場所になります。

キッチンが散らかっている家は多いです。

散らかっているキッチンというのは、料理もあまりしていません

もしかすると、料理をすることが苦手、嫌いなのかもしれません。

しかし、実際に散らかったキッチンを見てみると、「自分ならここでは料理はしたくない」と思ってしまうほどモノが散乱しているのです。

料理が苦手ではなく、整理整頓ができないという理由で料理をしないというのは「もったいない」と思います。

整頓のコツは、よく使用するモノの優先順位を決めて収納することが大切になります。

モノの管理も常にできるようになります。
2016.11.16 09:13 | 記事全文 |
どれだけ散らかった部屋でもモノがない場所
どれだけ散らかった部屋でもモノがない場所があります。

それが、寝るスペースです

ベッドの上に多少モノがあったとしても、寝るスペースだけは必ず確保しています。

どれだけ散らかった部屋でも、睡眠をとる場所は大切にしているのです

これは、正直おもしろい発見でした。

テレビ番組や雑誌などで散らかった部屋や、ゴミ屋敷が放送されていますが、やはりベッドの上やソファーなどの 自分の定位置にはモノはほとんど置いていません。

部屋の壁にモノが溜まってきたら危険信号だと意識しよう

部屋を散らかさないようにするには、日ごろから意識することが必要です。

片づけの仕事を専門でしていますが、 それでも自分の部屋にモノが増えていくことがあります。

そのため、「モノがここまできたら部屋が散らかる」と気づく必要があります。

部屋が散らかる「危険信号レベル1〜3」で考えると、

レベル1
「収納棚がパンパン」

レベル2
「部屋の隅にモノが溜まってきている」

レベル3
「歩くスペースにモノが侵入してきた」

レベル3の「歩くスペースにモノが侵入してきた」は廊下や階段などになります。

レベル3まで、モノが増えてしまうと、片づけが大変になります。
2016.11.16 09:05 | 記事全文 | 片づけの悩み
通らない場所から部屋は散らかっていく
部屋がぐちゃぐちゃで困っている人は、はじめから全体が散らかってしまうわけではなく、 順番に散らかっていきます

 最初に散らかっていく場所は、収納棚になります。

今まで片づけの仕事をしてきて、部屋全体が散らかっているお客様に共通しているのは、収納棚もいっぱいになっていることです。

反対に、部屋が散らかっていて収納棚が空っぽということは1度もありません

収納棚に入らないときに、二つの考え方があります。

一つ目は、
「収納棚に入らないモノは処分しよう」

この考えが持てる人は、全体が散らかることはありません。

二つ目は、
「収納棚がパンパンだ、でも中のモノは捨てられないから収納棚を買おう」
「置く場所がない、とりあえずここに置いておこう」


ここが部屋が散らかるか、散らからないかの分かれ道です。

きっと、部屋が散らかって悩んでいる人は、二つ目に当てはまると思います。

「置く場所がない、とりあえずここに置いておこう」の考えが続くと、「片づけられない」から抜け出せなくなります

収納棚がいっぱいになると、通らないところからモノが溜まっていきます。

ベランダや部屋の端からモノが溜まっていき、 歩くスペースへと侵入していきます。
2016.11.15 13:01 | 記事全文 | 片づけの悩み
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声・片づけブログ一覧に戻る

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.