かたづけ隊ホームページお客様の声・片づけブログ

片付け代行、不用品回収や遺品整理、ごみ屋敷の作業実績

刈谷市東陽町で家具の片づけ
今日は、刈谷市東陽町の一軒家にお住いのお客様から片づけのご依頼。

タンス二つ・ソファー・本棚を片づけてきました。

すべて二階にあり、処分が出来なくて困っていたそうです。

階段が狭くて搬出は大変でしたが、お客様と二人で無事搬出することができました。

刈谷市のお客様、本日はご依頼ありがとうございました。

2017.07.29 13:23 | 記事全文 | 不要品回収
名古屋市守山区で引っ越しの片づけ
今日は、守山区で引っ越しの片づけ作業を行ってきました。

「今日の夕方は可能でしょうか?」と急ぎのお問い合わせでした。

17:00に伺い、お客様にもお手伝いを頂き30分ほどで作業を終えました。

守山区のお客様、本日はご依頼ありがとうございました。

2017.07.23 19:34 | 記事全文 | 引越しの片づけ
ゴミ屋敷になってしまう原因
ゴミ屋敷になってしまう原因

部屋が片づけられない理由は多くあります。

・片づけ方法が分からないだけ
・うつ病
・発達障害
・統合失調症
・セルフネグレクト(自己放任)
・ADHD(注意欠陥・多動性障害)
・認知症

片づけ方法が分からないだけなら、何の問題もありません。

しかし、食べたゴミが自力で捨てられない状態にまでなってしまうと、病気を疑う方も多いはずです。

実際に、片づけを依頼される方からお話を聞くと、「身内の死去」「人間関係のトラブル」「仕事のストレス」がキッカケになることがほとんどです。

では、すべての人が「身内の死去」「人間関係のトラブル」「仕事のストレス」などによってゴミ屋敷になってしまうかというと、そうではありません。

そのため、「うつ病になるのは精神的に弱いからだ」「自分に甘いからだ」などの厳しい言葉もあるかもしれません。


「なぜゴミ屋敷になってしまうのか?」「どうすればゴミ屋敷から抜け出せるのか?」と多くの方が疑問に感じるはずです。


ゴミ屋敷になってしまう人の共通点

先ほどもお伝えをしましたが、精神的な疲れから無気力→部屋を片づけられない→ゴミ屋敷という流れがほとんどです。

精神論を語ると、うっとうしく聞こえてしまうかもしれませんが、実際にゴミ屋敷になってしまった人の話を聞くと、「考え方を変えれば良くなる」と感じます。

精神的な疲れから片づけられないという人の多くは、「自分を可哀想な被害者だと思い込んでいる」ことが、やる気を起こさせない大きな原因だと感じています。
2017.07.22 10:54 | 記事全文 | ゴミ屋敷
片付けられない人は、真面目・几帳面な人が多い
片付けられない人=だらしがない人と一般的には思われています。

しかし、真面目な性格や几帳面な人が片づけられないこともあります。

理由は、常に完璧な状態を保っていなくてはいけないと考えてしまうからです。

生活をしていく上で、毎日を完璧な状態で暮らせる人はいません。

それは、部屋の片づけでも一緒で、365日キレイな状態をキープする必要はありません。

片付けを継続していくのは、毎日の習慣で「やっぱり部屋はキレイな状態のほうがいい」と感じることが大切です。

そうすれば、自然に片づけに抵抗なく進められるでしょう。

片付けのやる気が起きなくて散らかっても、「まぁこういう日もある」と、楽に考えることも真面目な人には必要です。
2017.07.21 09:38 | 記事全文 | 片づけの悩み
部屋を片づけると家族の仲が良くなるのは本当か?
部屋がキレイになると、家族の関係が良くなったり、病気が治ったり、仕事が上手くいくなど、片付けの本や風水ではよく書かれています。

このような事例は、片づけの仕事をしていると感じることは多いです。

なぜ、ただの片づけで生活にも変化が生まれるのでしょうか?

一番の理由は、片づけによって迷うことが少なくなるからだと思っています。

片付けによって、家族の関係が良くなったのは、部屋にくつろげる空間ができたことによって、気持ちにも余裕ができます。

部屋が散らかっているのは、常にぐちゃぐちゃな状態が視界に入ってきて、ストレスの原因にもなります。

片づけには生活を良い方向に変える力を持っているのかもしれません。
2017.07.20 20:50 | 記事全文 | 片づけの悩み
このエントリーをはてなブックマークに追加

お客様の声・片づけブログ一覧に戻る

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.