ゴミ屋敷の委託恥ずかしい

ゴミ屋敷の委託恥ずかしい

自分ではどうしようもない状態にまで部屋が散らかり、悩まれている方は多いと思います。

しかし、「業者に依頼をしたい、でも恥ずかしい」という思いから相談できずに、先延ばしにしてしまう方も多いです。

ゴミ部屋に住んでいると体の疲れが抜けません。

仕事が終わり家に帰って、部屋がゴミで埋め尽くされていたらどうでしょうか。

料理もする気にならない、掃除もする気にならない、ただゴミに囲まれて寝るだけ。

そのような生活では、体の疲れも抜けずに溜まる一方でしょう。さらに、悪い空気が部屋中にこもってしまい、体調が崩れてしまいます。

部屋は一日の疲れをとる大切な場所です。清潔に保ち、ゆっくりと休める空間を作りましょう。

隠そうとする心理が本人を苦しめる

ゴミ屋敷で悩まれている方にとって、恥ずかしいという気持ちが強いはずです。

しかし、恥ずかしい気持ちよりも、「なぜ部屋が散らかってしまったのか?」という原因を自分自身が知らなければいけません

・仕事のストレス
・人間関係の悩み
・家庭環境の変化
・病気
・家族の死去

これらが原因で片づけられない方が多いと思います。

誰でも、人間関係が上手くいかずに気持ちが落ち込んだり、家庭環境の変化で体調を悪くしてしまう時はあります。

そのようなとき、素直に、家族や知り合いに相談ができれば良いですが、ゴミ部屋になってしまう方は、悲しい感情を溜め込みやすいです。

そのため、気がついたときには、誰にも相談できないほど部屋が散らかってしまうケースも少なくありません。

「誰にも知られたくないから隠そう」という期間が長くなるほど、辛くなってしまいます。

片付け業者は、ゴミ屋敷の原因を理解している

病気やストレスが原因で片づけられなくなるのは、片付け業者さんも理解しています。

片付け業者としては、「一日でも早く相談してほしい」と思っているはずです。

時間が経過するほど、害虫もひどく悪臭にも悩まされます。毎日住んでいると、鼻が慣れて気付かないかもしれませんが、 何カ月と食べたゴミが放置された状態は悲惨です。

ゴミ屋敷だからと、お客様を変な目で見ることはありませんのでご安心ください。

「一日でも早く部屋の悩みから抜け出してほしい」という気持ちをもって仕事をしている業者さんも多いです。

散らかった部屋の場合は、現地で確認をしないと正確なお見積もりは提示できないため、 信頼できる業者さんを探して、今すぐに行動してください。

ゴミ部屋の悩み


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.