ゴミ部屋から本気で脱出したい人へ

ゴミ部屋になる原因とは?

音声ファイル再生



部屋が片づけられない理由は多くあります。

・片づけ方法が分からない
・疲れていてやる気が出ない
・うつ病
・発達障害
・統合失調症
・セルフネグレクト(自己放任)
・ADHD(注意欠陥・多動性障害)
・認知症

「片づけ方法が分からない」「疲れていてやる気が出ない」など、一時的なら問題ありません。

しかし、食べたゴミが自力で捨てられない状態にまでになると、病気を疑う人も多いはずです。

実際に、片づけを依頼される人からお話を聞くと、「人間関係のトラブル」「仕事のストレス」などの理由から、ゴミ部屋になる人がほとんどです。

ゴミ屋敷の原因イラスト4

では、すべての人が「人間関係のトラブル」「仕事のストレス」によってゴミ部屋になってしまうかというと、そうではありません。

そのため、「病気になるのは精神的に弱いからだ」「自分に甘いからだ」などの厳しい言葉も聞きます。

ここでは、私が今まで多くのゴミ部屋になってしまった人と話をしてきて、感じてきたことをお伝えします。

ゴミ部屋になる人の共通点

「なぜゴミ部屋になってしまうのか?」「どうすればゴミ部屋から抜け出せるのか?」と多くの人が疑問に感じるはずです。

ゴミ部屋になる原因は、「精神的な疲れから無気力」→「部屋を片づけられない」→「ゴミ部屋」という流れがほとんどです。

しかし、ゴミ部屋の人をすべて病気だと決めつけるつもりはありません

「ゴミ部屋アイドル」「部屋が汚い芸能人」などのテレビ番組が放送されることがありますが、 ゴミ部屋に住んでいたとしても、楽しく生活を送られている人はいるからです。

問題は、「気分が落ち込む状態が長く続き、何をしていても楽しめない人」で、 そのような人は、必ずと言っていいほど「片づけ・掃除」ができなくなっています。

精神的な疲れから片づけられない多くの人は、「自分を可哀想な被害者だと思い込んでいる」ことが、無気力になる大きな原因だと考えています。

被害者にならないことが大切

ゴミ部屋から本気で脱出したい人は、「自分は被害者ではない」という考えをしっかりと持つことが大切です。

確かに、人間関係・病気・身内の死去による悲しみから、辛い状態に陥ることがあります。

しかし、「自分は可哀想」と思い込むと、気持ちが急激に落ち込んでしまいます

実際に、ゴミ部屋になってしまった人から話を聞くと、根本的な原因には、「私は可哀想、もっと私を大切にしてほしい」という寂しさが感じられます。

まずは、「自分は被害者ではない」という意識を持たなければなりません。

ゴミ部屋は今後も増えていく

私は、今後もゴミ部屋で悩む人は増えていくと考えています。

理由は、「自分自身の健康管理ができない人」が増えている と感じるからです。

ゴミ屋敷の原因イラスト5

ゴミ部屋になる原因は「うつ病、精神疾患」「人間関係のトラブル」 とお伝えをしてきました。

毎日が楽しいことや嬉しいことばかりなら良いですが、悲しいことや辛いこともあります。

特に、「人間関係のトラブル」「身内の死去」というのは誰にでも起こることです。

部屋は「体力」と「気力」を充電する場所

部屋は、「体力」と「気力」を充電する場所だと考えています。

仕事や人間関係などのストレスで、疲れきった状態で帰る人も多いはずです。

もし、疲れきった状態で帰ったときに、一番休まる場所の部屋がゴミで散らかっていたらどうでしょうか。

ゴミ屋敷はマイナスエネルギー3

きっと、身体に異常が出てしまうでしょう。

身体的には、
・体が思うように動かない
・アレルギー・アトピーなど

精神的には、
・不安になることが多い
・イライラする・無気力状態

スポーツ・映画鑑賞・ショッピングなどの趣味で、気持ちをリフレッシュしている人は、 部屋が散らかっていても気にならないかもしれません。

しかし、一日の疲れを癒す大切な部屋は、キレイにされた方が良いです。

今すぐに行動を!!

自分の部屋がゴミ部屋だと、気づいているうちに行動しましょう。

厳しい言い方かもしれませんが、「部屋がおかしい」と気づかなくなったら手遅れです。

ここまで、お読み頂いている人は、
・ゴミ部屋で困っている
・片づけ方法が分からない
・誰にも相談できない

など、「部屋を変えたい」と本気で悩んでいる人だと思います。

片づけられないのは、恥ずかしいことではありません。

片づけ方法が分からなければ、片づけアドバイザーを探して相談しましょう。

ゴミ屋敷はマイナスエネルギー7

ゴミ部屋は、本人だけの問題ではなく、家族も不幸にしてしまいます。

今すぐに行動しましょう。

<動画説明>



片づけの進め方

片づけのお悩み

片づけの本当の目的



このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.