豊明市の家屋解体業者

豊明市の解体工事業者一覧

・井戸松建設興業株式会社
住所:豊明市栄町道山8-18
電話:0562-98-8415

家の解体費用の料金と相場

家の解体を業者に依頼する際には、少し知識を身につけておいた方がいいです。

解体費用の相場
・木造住宅:坪2.2~3.3万円
・鉄骨造住宅:坪2.2~3.3万円
・RC住宅(鉄筋コンクリート):坪3.1~4.7万円

上記の金額が一般的な相場となっています。

しかし、あくまで相場であって、その他にも様々な費用がかかります。

その他の費用
<例>
・養生足場
・内装撤去費用
・ブロック塀処分費
・廃棄物運搬費
・重機回送費
・諸経費・現場管理費など。

現在では、インターネットで複数の解体業者を探せるため、料金を比較することが可能ですが、 「坪単価」と「その他の費用」の見積もり金額が業者によって異なります。

例えば、坪単価が一番安い解体業者を選んだとしても、「その他の費用」が高くなるケースが多いため、 インターネット上の料金表はあまり参考になりません

「車検の費用が安い」と宣伝しているお店が、実際には点検や修理費用などで料金を上乗せして、結局のところ高額になってしまった経験がある方も多いと思います。

解体業者選びも同様に、「格安」という言葉に流されないようにしましょう。

解体工事の補助金と助成金について

家の解体を行う際に、一定の条件を満たしているときには、最大50万円の補助金を受けられる可能性があります。

解体工事を契約してしまうと補助金の申請ができないため、必ず契約前に市役所で確認を行いましょう。

木造住宅解体の補助金について
<豊明市公式ホームページ>

家の解体業者選びのコツ1|中間マージンについて

家の解体は、一生に一度しかされない方がほとんどです。そのため、「相場が分からない」と業者選びに悩まれる方が多いです。

そこで、見積もりを依頼する際の「解体業者選びのコツ」をご提案します。

解体費用を安く抑えたい方には、必ず知っておいてほしいことがあります。

それは、中間マージンによって、料金が大幅に変わるということです。

中間マージンとは、工務店やハウスメーカーなどが、通常の解体料金から上乗せして、お客様から請求することです。

解体を依頼する際には、大きく4つに分けられます。

1、解体をしている業者に直接依頼
2、ハウスメーカーや工務店に依頼
3、不動産業者に依頼
4、ホームページの一括見積サービスを利用

この中で、一番費用を安く抑えられるのは「1、解体をしている業者に直接依頼する方法」です。

ここで、一般的な中間マージンについて(あくまで目安です)

例えば、解体にかかる費用が100万の場合。

1、解体をしている業者に直接依頼
中間マージン0%
例、100万円+0円=100万円

2、不動産業者に依頼
中間マージン約10%~20%
例、100万円+20万円=120万円

3、ホームページの一括見積サービスを利用する
中間マージン約10%~20%
例、100万円+20万円=120万円

4、ハウスメーカーや工務店に依頼
中間マージン約30%
例、100万円+30万円=130万円

解体イラスト2

インターネット情報の8割以上は、中間マージンが発生している

現在では、インターネットで解体業者を探す方が多くなりました。

弊社のホームページをご覧いただいている方も、「何を基準に解体業者を選べばいいのか?」と調べているはずです。

しかし、解体業者を探していると、多くの方がうんざりすると思います。

それは、解体業者が紹介されるのではなく、

・比べて安心3社見積もり比較
・解体業者を無料で紹介
・解体一括見積サイト

などが、トップページに表示されていることに・・

多くの方は、「解体業者を比較できるから安くなる」と勘違いされています。

実際には、中間マージン10%~20%がプラスで発生しているため、お客様に料金の負担がかかっています。

解体イラスト3

複数の業者から見積もりを依頼する際には、比較サイトを利用するのではなく、「解体業者に直接お問い合わせ」をおススメします。

解体業者選びのコツ2|知人からの紹介

家の解体で、金額が一番に変わりやすい「中間マージン」について説明をしてきました。

先ほどは、「解体業者に直接依頼が一番安い」とお伝えしましたが、例外もあります。

それは、解体業者を知人から紹介してもらうことです。

なぜなら、優良な解体業者は、 定期的に仕事を紹介してもらえる「大家」「測量士」「弁護士」「便利屋」などの関係を大切にしているからです。

実際に、「大家さんに紹介してもらった」「測量士に知り合いがいた」「知人の紹介」と話される方の解体費用は、相場よりも安いケースが多いです。

正直なところ、解体費用は、人との信頼関係が金額に大きく影響してきます。

例えば、解体業者に直接依頼をしても、「一度だけのお客さんだから高めにしよう」と考えることもあります。

知人からの紹介で一番のメリットは、 「紹介されたお客様を大切にする」ということです。

弊社では、家の片付けを仕事にしているため、多くのお客様と良いお付き合いをさせてもらっています。

そのようなお客様には、「できるだけ良い解体業者を紹介したい」と考えます。

解体業者も、「定期的に仕事を紹介してもらえる相手のお客様には悪い仕事はできない」と思いますし、紹介での仕事はとても嬉しいことです。

以上の理由から、場合によっては、「直接解体業者に依頼する」よりも「知人からの紹介」の方が安く、優良な解体業者の可能性が高くなります。

反対に、インターネット情報の「紹介サイト」「比較サイト」の利用を進めない理由は、「信頼性に欠けるから」です。

上記でもお伝えしたとおり、「紹介サイト」や「比較サイト」はIT企業が運営しており、一言でいえば「集客のプロ」です。

文章だけで人の心を動かすプロとも言えます。

よくあるパターンが、「悪徳業者に注意」とユーザーの不安をあおり→「無料で優良な業者を紹介」と作られているケースですが、 100%中間マージンを目的としたビジネスです。

もちろん、実際には悪徳業者もいるので、解体業者を紹介してくれる知人がいなければ、利用されても良いと思います。

解体業者を探すときに、一番おススメしないのが「比較サイト」です。

利用されるユーザーからすれば比較できて嬉しいかもしれませんが、比較をされる業者の立場で考えてみてください。

きっと、「業者同士で少しでも安くなるように潰し合ってください」と言われているような気持ちになるでしょう。

解体工事を運営していくには、「土地代」「重機」「人件費」「車両代」など多くの費用がかかるため、安くするのには限界があります。

比較サイトに登録している業者は、「解体の仕事が取れないからしょうがなく・・」という理由から、「業者同士の潰し合い」に巻き込まれているケースが多いです。

本当に優良な企業は、質の高いサービスで「営業」と「知人からの紹介」に力を入れて運営しているため、比較サイトに登録することはないでしょう。

建物解体のお見積もり無料相談

解体イラスト3

解体依頼バナー


家の片付けを専門に行っている「生活支援・かたづけ隊」です。

最近は、「家の解体をするため、ゴミの処分に困っている」とご相談されるお客様が増えてきています。

また、「解体を考えているんだけど、業者の数が多すぎてね・・」と 業者選びに悩まれている方も多いです。

家の解体は、依頼先によっては30万円以上の価格差があります

解体費用を安く抑えたいという方は、ぜひ一度ご相談ください(現地のお見積もりは30分程度で終わります)

豊明市の家屋解体・無料見積もりのご相談はコチラ

追加費用「埋設物」について

解体費用で、「後から追加で金額を請求されないか」という不安があります。

解体業者のお見積書には共通して「埋設物は別途費用」と記載されています。

埋設物は、地中に埋まっていて確認できないため、見積もり時に料金の提示ができません。

心配でしたら「万が一埋設物があった時には、どれくらいの追加費用が発生するのか」を確認しましょう。

実際に解体を行っている業者なら、およその金額は教えてくれます。

悪徳業者とのトラブル防止

「悪徳業者に注意」という言葉に不安になる方がいます。

・不法投棄
・近隣とのトラブル
・手抜き工事


以上の3つが挙げられます。

まずは、不法投棄について。

不法投棄は、よほどの悪徳業者でない限り、依頼主の方が心配することはありません。

なぜなら、会社が不法投棄をすると、個人とは異なり大きな処罰があるからです。

1000万円の罰金と、最悪の場合は倒産もありえるリスクをとってまで不法投棄はしないでしょう。

次に、近隣とのトラブルについて。

近隣とのトラブルは、「解体前のあいさつ回り」と「シート養生」が重要になってくるため、近隣との建物が近い場合は、見積もり時に確認をとりましょう。

最後に、手抜き工事について。

解体の手抜き工事は、一言で「雑な仕事」です。解体工事は建物を壊すだけではなく、目に見えない地中に埋まっているブロック等も撤去して整地に 戻すことが重要になります

契約後のトラブルにならないためにも、事前に心配なことは確認をとるようにしましょう。

解体時の粗大ごみ処分について

解体を依頼する時には、家の中にある「木くず・金属類」は残してもいいと言われる解体業者が多いです。

<例>
タンス・ベッド枠・食器棚・本棚・テーブルなどの木くず。

スチール棚・物干しざお・脚立などの金属類。

木くずと金属類以外は、解体業者では処分を行っていないケースがほとんどです

そのため、食器や洋服などの生活雑貨や、布団、ソファー、マットレスなどは粗大ごみとして処分をしなければいけません。

粗大ごみ引き取り依頼の流れ

1、電話で申し込み
豊明市清掃事務所へ電話をしましょう。

豊明市清掃事務所
電話番号:0562-92-7056
受付日:月曜日~金曜日(祝日、年末年始休み)
受付時間:9:00~12:00、13:00~16:00

注意
粗大ごみの申し込みは、収集日(毎週水曜日)の一週間から二週間前にお願いします。

2、粗大ごみシールを購入
粗大ごみの処理券を購入します。(1枚1000円)

スーパーやコンビニなどの取扱店で購入をしましょう。

3、指定されたお日にちに搬出
収集日は毎週水曜日になります。

8:30分までに指定された場所に搬出をしましょう。

一軒家の場合は玄関先、集合住宅の場合は受付の際に指定された場所まで搬出をお願いします。

粗大ごみ回収品目

家具 ソファー、マットレス、介護ベッドなど
家電製品 オーブン、オーディオ機器、加湿器、こたつ、照明器具、除湿器、食器乾燥機、炊飯器、ストーブ、扇風機、掃除機、電子オルガン、電子レンジ、 トースター、ファンヒーター、ホットプレート、ミシン、マッサージ機、ラジカ コピー機、プリンター、スピーカー、コンポ、アンプ、エアロバイク、 ロデオボーイ、健康器具、電気スタンドなど
その他 一輪車、自転車、カーペット、ガステーブル、カラーボックス、ギター、鏡台、ゴルフ用具、ふとん、座布団、毛布、草刈機、水槽、スーツケース、スノーボード、畳、チャイルドシート、天体望遠鏡、ぬいぐるみ、バーベキューコンロ、はしご、ふすま、ベビーカー、ポリ容器など

家電リサイクル品の料金と処分方法

「テレビ、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機、エアコン、冷凍庫」はリサイクル料金がかかります。

家電リサイクル料金
テレビ
約2000円~3000円

冷蔵庫、冷凍庫
約4000円~5000円

洗濯機、乾燥機
約2500円

エアコン
約1500円

リサイクル家電品の処分方法
1、基本的には購入したお店、または買い替えの小売店に引き取りを依頼しましょう(依頼をする際には、リサイクル料金+運搬料金がかかります)

2、引き取り指定場所に直接持ち込むことができます。自ら持ち込むと、リサイクル料金だけの費用になります。 (郵便局でリサイクル料金のお支払いが必要です)

持ち込み場所
トーエイ(株)
住所: 長久手市喜婦嶽834
電話:0561-64-5031

西濃運輸(株)名古屋東支店
住所:日進市浅田町美濃輪1-12
電話:052-807-0924

対応エリア
【豊明市】
新田町、前後町、西川町、二村台、間米町、三崎町、 阿野町、大久伝町、沓掛町、栄町、新栄町、
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.