実家の片づけ・親を不機嫌にさせない方法

親を不機嫌にさせない方法

音声ファイル再生



「親の家を片づけたい」と考える人が増えています。

ご相談の多くは、子供が40~50代で、親は60~80代になります。

このような年齢層からご依頼される理由は、親も子供も体力的に限界で、家族だけでは片づけられないからです。

親の家を片づけたいイラスト

また、「親と片づけの話になるとケンカになってしまう」と困っている人も多いです。

原因の一つが、親と子供の価値観の違いです。

60代以上の人は、貧しい時代を経験してきた人が多く、モノのありがたみが若い人に比べて高いです。

そのため、親と片づけを進めるときには、親の気持ちに合わせて作業を進めていきましょう

部屋を片づける目的が必要

まずは、親に片づける目的を持ってもらいましょう。

例えば、「部屋にモノが多くなってきたから捨てよう」

このような言葉をかけても、「うん、わかった」と素直に聞いてくれる親は少ないです。

親の家を片づけたいイラスト

はじめにもお伝えしましたが、高齢の人ほど、幼少期の頃にはモノが少ない時代だったことを頭に入れておきましょう。

そこで、親と同じ目線でモノの価値について考えるようにします。

「家にモノが多すぎる。私が片づけることになるんだから」 と、キツイ言い方になる人もいますが、感情的にならず冷静に進めることが大切です。

仕事なら怒られても「生活のため」と我慢できますが、片づけは怒られてまで誰もやりたくないからです。

親の家を片づけたいイラスト

モノが多くて困ることを理解してもらう

実家の片づけで子供が悩むときは、相当なモノで溢れかえっている状態だと思います。

まずは、「モノが多くて転倒の事故を起こしやすい」ことを伝えましょう。

実際に転倒が原因で、一生寝たきりの生活になる高齢者が多くいます。

親の家を片づけたいイラスト

・高いモノを取るときに椅子を使う
・床にモノがあって転びやすい

このような生活は、転倒の危険が高まります。

あくまで片づける目的は、親に安全で快適な生活を送ってもらうためです。

本人が責任をもって処分すること

以前、 母親が亡くなってしまい、息子さんから遺品整理のご依頼があった時のお話です。

母親は生前モノを捨てることをしなかったので、実家には多くのモノが残ってしまいました。

子供からしたら、「すべて母親の思い出のモノ」になります。

遺品整理をするときに息子さんは、モノを捨てる度に、
「母さん、ごめんな。捨てさせてもらうけど恨まないでくれよ」と、申し訳なさそうにモノへ語りかけていました。

親の家を片づけたいイラスト

「ただでさえ、母親を亡くして悲しいのに、思い出のモノまで捨てなければいけない」 というのは辛いと思います。

そのような経験から、「モノは本人が責任を持って片づけることが大切」だと思っています。

親の遺品を片づける時には、多くの子供さんは悲しくなります。

年齢を重ねるごとに体力は衰えてくるため、実家の片づけは早いほうが良いでしょう。

「遺したモノの数だけ子供を悲しませる」と知ることができれば、片づけを前向きに考えてくれるかもしれません。

親には健康で生きていてほしい

モノを捨てられない人ほど、過去の思い出を大切にされています。

しかし、「すべてが思い出のモノ」と言われてしまったら、片づけようがありません。

そこで、「本当に大切な思い出は、モノを捨てても無くなることはないよ」と伝えてあげましょう。

モノを捨てられない人は、「今までの思い出がなくなってしまうのではないか?」と、 不安になってしまいます。

親の家を片づけたいイラスト

「本当の思い出は、モノを捨てても消えないから大丈夫」と声をかけるだけで、親の考え方も変わると思います。

さらに、片づけ後の良い未来をイメージを持ってもらいましょう。

趣味があれば、片づけたスペースを自由に使うことができます。

孫が遊びに来たときには、広い空間で遊ぶこともできます。

親の家を片づけたいイラスト

このように、片づけた後の良い未来がイメージできると、モチベーションも上がります。

・モノが多いと転倒の事故を起こしやすい
・親が遺したモノを子供が捨てるのは辛いこと
・親には健康でいてほしい


この3つを、自分の言葉で伝えましょう。

片づけは大変な作業です。お互い気持ちに余裕がある時に始めてください。

<動画説明>



片づけの進め方

片づけのお悩み

片づけの本当の目的

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.