親の家を片づけたい

親の家を片づけたい

現在、「親の家を片づけたい」と考える子供が増えています。

ご相談の多くは、子供が40代~50代で、親は60歳~70代になります。

このような年齢層からご依頼が多い理由は、親も子供も体力的に限界で、片づけを家族だけではできないからです。

親の家を片づけたいイラスト

また、「親と片づけの話になるとケンカになってしまう」と困っている子供さんも多いです。

原因の一つが、親と子供の価値観の違いからケンカになってしまうことにあります。

60代以上の人は、貧しい時代を経験してきて、モノのありがたみが若い人に比べて高い傾向にあります。

そのため、親と片づけを進めるときには、子供が親の気持ちになって作業を進めていきましょう

部屋を片づける目的が必要

まずは、親に片づける目的を持ってもらいましょう。

例えば、
「部屋にモノが多くなってきたから捨てよう」

このような言葉を親にかけても、「うん、わかった」と素直に聞いてくれる親は少ないと思います。

親の家を片づけたいイラスト

はじめにもお話をしましたが、高齢者の人ほど「モノがない時代を生きていた」ことを頭に入れておく必要があります。

親と同じ目線でモノの価値について考えるようにしましょう。

また、
「家にはモノが多すぎる。もし亡くなったら私が片づけることになるんだから」 と、キツイ言い方になる子供さんもいますが、片づけは感情的にならず冷静に進めることが大切です。

理由は、
仕事なら怒られても「生活のため」と我慢できますが、片づけは怒られてまで誰もやりたくないからです。

親の家を片づけたいイラスト

モノが多くて困ることを理解してもらう

子供が親のモノで悩む場合は、家がモノで溢れかえっている状態だと思います。

そこで、まずは「モノが多くて転倒の事故を起こしやすい」ことを伝えましょう。

実際に、転倒が原因で、一生寝たきりの生活になる高齢者が多くいます

親の家を片づけたいイラスト

・高いモノを取るため、椅子を使用する
・床にモノがあって転倒しやすい

このような危険が考えられます。

あくまで片づける目的は、親に安全で快適な生活を送ってもらうためです。

お母さん、悪いけど捨てさせてもらうよ

以前に、 母親が亡くなってしまい、息子さんから遺品整理のご依頼がありました。

母親は、生前モノを捨てることをしてこなかったため、家にはたくさんのモノが残っていました。

子供からしたら、「すべて母親の思い出のモノ」になります。

遺品整理をするときに息子さんは、モノを捨てるたびに、
「母さん、ごめんな。捨てさせてもらうけど恨まないでくれよ」と、申し訳なさそうにモノへ語りかけていました。

親の家を片づけたいイラスト

この場面を見ていた私は、「ただでさえ、母親を亡くして悲しいのに、そのうえ母親の思い出のモノを捨てなければいけない」 というのは、子供として精神的に辛いと感じました。

そのような経験から、「モノは本人が責任を持って片づけることが大切」だと思っています。

親の遺品を片づける時には、子供は悲しくなります。

年齢を重ねるごとに体力は衰えてくるため、片づけは早いほうが良いです。

「遺したモノの数だけ子供を悲しませる」と親が感じることが出来れば、片づけを前向きに考えてくれるかもしれません。

親には楽しく生きてほしい

モノを捨てられない人ほど、過去の思い出を大切にされています。

「すべてが思い出のモノ」と言われてしまったら、片づけようがありません。

そこで、「本当に大切な思い出は、モノを捨てても無くなることはないよ」と伝えてあげましょう。

親に限らず、モノを捨てられない人は、「今までの思い出がなくなってしまうのではないか?」と、 不安になってしまいます。

親の家を片づけたいイラスト

「本当の思い出はモノを捨てても、消えることはないから大丈夫」と声をかけるだけで、親の気持ちもだいぶ楽になるはずです。

さらに、片づけ後の良い未来をイメージさせましょう。

親が趣味にしていることがあれば、部屋が片付いたスペースを自由に使うことができます。

孫が遊びに来たときには、広い空間で遊ぶことができます。

このように、片づけた後の良い未来がイメージできると、モチベーションも上がっていきます。

親の家を片づけたいイラスト

・モノが多いと転倒の事故を起こしやすい
・親が遺したモノを子供が捨てるのは悲しい
・親には楽しく健康でいてほしい


この3つを、自分の言葉で伝えましょう。

片づけは大変な作業です。お互い気持ちに余裕がある時に始めましょう。

家族のお悩み

・片づけない親にイライラ|お悩みアンサー

・家族の部屋を片づけたい

・親の気持ちを傷つけない伝え方

・子供が生まれて片づけられなくなった

・親の介護に疲れて掃除ができない

・親の家を片づけたい

片づけのコツ

・モノを捨てる順番

・服を捨てられない

・収納棚を増やすだけでは・・

・財布の中身で分かる片づけが苦手な人

・楽しい気分になるモノを置く

・収納棚の片づけ方法

・使用頻度が多いほど動作を減らす

・通路・窓にはモノを置かない

・モノをグループに分けて収納

片づけのお悩み

・無気力・やる気が出ない

・モノを捨てるのは悪いこと?

・思い出のモノを捨てられない

・モノを大切にする本当の意味

・部屋を片づけようと頑張ったけど・・|片づけ失敗談

・モノを捨てると不安になる

・捨てられない人の生活

・片づけられない人を納得させるには?

・部屋がグチャグチャ

なぜ片づけるのか?

・整理整頓ができて得すること

・部屋は自分を映し出す鏡

・子育て四訓|手放すことの大切さ

・片付ける意味って何だろう?

・整理整頓のメリット

・色を変えるだけで部屋のイメージが変わる

・片づけで幸せになれるのか?

片づけ|ビジネス編

・「片づけ」によって会社の利益が上がる

・「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違い

・会社の整頓|モノの定位置を決めること

よくあるご質問・お悩み|対話式

・「片付けろ」と主人に怒られる

・母親が片づけてくれない

・うつ病で片づけられない

・うつ病で片づけられない2

・忙しくて片づけられない|愛知県一宮市

・洋服が多くて片づけが進まない

・実家の整理整頓をしたい

・大量のゴミを効率よく捨てる方法

・汚部屋の片づけ相談|愛知県一宮市