親の退院に備えての実家片づけ方法

親の退院に備えて実家を整理したい

・親が一カ月後に退院するため、それまでに実家を整理したい
・介護が必要になり、介護ベッドを置くスペースが必要になった

親の退院に備えての実家片づけ方法 イラスト

実家の整理は、突然やってくるケースがほとんどです。 事故や病気により片づけができなくなり、ご依頼されるお客様も多いです。

健康でいてくれた親も、年を重ねると足腰が弱ってきます。

高いところのモノを取ろうとすると危ない
足を悪くして、階段を使えなくなった
親の体に負担をかけないようにモノを配置したい

退院してくる親のために、できるだけ生活しやすいようにしたいはずです。

親の退院に備えての実家片づけ方法 イラスト

しかし、すべて親のモノであることから、何から始めていいのか分からない方もいます。

親が入院している間に捨てられるモノ

親の退院までに、優先的に捨てやすいのは「大きなモノ」です。

大きなモノは、小物や書類に比べて判断しやすいため、親がいなくても片づけられます。

入院しているときに「あそこの部屋にあった大きな棚は捨ててもいいかな?」と相談しながら処分していきましょう。

親の退院に備えての実家片づけ方法 イラスト

訪問介護を利用される場合は、モノが少ないほどホームヘルパーさんも介護がしやすくなります。

今では、スマートフォンで簡単に写真を撮れるため、親に写真を見せながら、「残すモノ」「捨てるモノ」を決めると良いでしょう。

親のモノを勝手に捨ててしまうと「何で捨てたんだ」と、 片づけをして感謝されるどころかケンカになってしまいます

捨てられなくても、洋服を畳んだり本をまとめておくのは、親が帰ってくるまでにできます。

部屋の片づけ順番

片づけは、「玄関から寝室までの通路」→「トイレ・浴室」→「キッチン」の順番で進めていきましょう。

片づけの優先順位を間違えると、一番大切なところが後回しになってしまい片づけが間に合いません

まずは、「玄関から寝室までの通路」です。

玄関に多くのモノが置いてある場合は、靴と傘以外は片づけましょう。

退院直後は体が弱っています。玄関の段差が高いようでしたら、踏み台を用意して負担を軽くしてあげてください。

寝室までの通路には、モノを置かないようにして「転倒による事故」を防止しましょう。

続いて、「トイレ・浴室」です。

トイレと浴室は、生活をしていく上では欠かせない場所です。

特に、浴室では転倒による事故が多いです。滑る可能性があるようでしたら、親と相談して手すりやすべり止めを利用しましょう。

最後にキッチンです。

キッチンは、高いところにモノが収納してあります。

親がキッチンを使用するようでしたら、椅子に上らないように低いところに移動しておきましょう。

「玄関から寝室までの通路」「トイレ・浴室」「キッチン」を整理しておけば、とりあえずは生活を送れます。

親が退院して落ち着いら、リビングや押入れなどを少しずつ整理していきましょう。

実家の整理を失敗しないコツと正しい進め方

収納上手になるための考え方と実践編

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.