初級編(風水式|整理・整頓・掃除)

ステップ4:押し入れの掃除

押し入れは、風水で「邪気が溜まりやすい場所」と言われています。

「邪気が溜まる=空気が流れていない」と考えると、イメージしやすいかもしれません。

押し入れには、使わなくなった物を溜め込んでしまいがちです。

「とりあえず、押し入れに入れておこう」と何年も使わなくなったまま、放置されている物が一つはあると思います。

そこで、一か月に一度、押し入れを開けて空気の入れ替えをする習慣を作りましょう

それだけでも、「気の流れ」が良くなります。

また、押し入れの物を確認する習慣が作れるため、不要になった物を溜め込むことも少なくなります

それでは、押し入れの整理をしていきます。

まずは、整理する場所を決めて、押し入れのすべての物を取り出します。

そして、押し入れに溜まったごみを掃き、ぞうきんで拭いていきましょう。

ぞうきんで拭くと、想像以上に汚れていて驚かれる人も多いです(笑)

拭き掃除が終わったら、必要な物から順番に収納していきます。

家族で暮らしている場合、子供が書いてくれた似顔絵や思い出の物などを溜め込んでしまう人が多くいます。

思い出の物で、押し入れのスペースを占領しまう場合は、本当に大切なものだけを保管して、残りは処分しましょう

実際に、子供からもらった物だからと大事に保管していても、時間が経つと忘れてしまい大切にされていないことが多いからです。

過去の物を大切にするのを否定するつもりはありませんが、一番は、今の子供との暮らしを大切にすることだと思います。

きっと、押し入れがスッキリすると、部屋全体の「空気が良くなった」と実感される人も多いと思います。

窓ガラスの掃除

窓ガラスは、「空気の入れ替え」や「太陽の光が入る場所」です。

窓ガラスが汚れていると、太陽の日差しが入りにくいので、きれいに掃除をしましょう。

また、窓を開けて風を通すのは、「気の流れ」を良くするためにも大切になります。

窓ガラスの周りが小物でごちゃごちゃしていたり、大型の家具を置いてしまうと、風を通すことができません。

そのため、窓際には不要なものは置かないようにして、「空気」と「太陽の光」が入るようにしましょう。

外回りの掃除

最後は、外回りの掃除です。

家の中がきれいになっても、外回りが物で溢れていたり、ゴミが放置してあることがあります。

玄関前はできるだけ物を置かないようにして、倉庫やコンテナなどがあるようなら移動しましょう。

枯れた状態の「植木や花」は、風水では「死」と考えられているため、処分するようにしましょう

玄関前・外回り・庭は、定期的に掃き掃除をして、きれいな状態を保ちましょう。

また、定期的に水を撒くのもおすすめです。

初級編の「整理・整頓・掃除」は以上になります。

家の状態がきれいに整ったら、中級編に進んでいきます。

中級編ステップ1:陰陽五行をインテリアに取り入れる


初級編(風水式|整理・整頓・掃除)

中級編(東洋思想・陰陽五行)

上級編(意識レベルの向上)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.