初級編(整理・整頓・掃除)

ステップ1:玄関

玄関は、住んでいる人の顔とも言われています。

家の「外と内」をつなぐ大切な場とされていますので、はじめに玄関を片づけていきましょう。

心が豊かな人は、必ずと言っていいほど玄関がきれいです。

風水では、玄関は気の入り口と言われており、「良い気」と「悪い気」どちらも入ってきます。

どうせなら、悪い気ではなく「良い気」を入れていきたいですよね。

実際に、これまで多くの家に伺っていますが、「玄関=お客様の表情」は繋がっているんだなと実感しています。

玄関がスッキリして、風通しが良い家は、お客様の表情も明るく、とても気持ちよく会話ができます。

反対に、玄関がぐちゃぐちゃで物に溢れている家は、元気がないお客様が多いです。

それでは、玄関の片づけを進めていきます。

まずは、整理(不要なものを捨てる)から始めます。

基本的に、玄関に置くものは、「靴・かさ・置物・花など」になると思います。

玄関に、自転車やタイヤなどを置いている人もいますが、先ほども伝えたように玄関は「顔」になる場所なので移動したほうが良いです。

今後履かない靴、または、ぼろぼろになってしまった靴は処分するようにしましょう。

そして、収納棚に収まらないくらいに靴がある場合は、玄関ではなく、部屋の収納棚などに置くようにします。

玄関には、毎日のように履く靴から収納していき、何足も出しっぱなしにしないようにしましょう。

かさは、家族分の本数を置いて、残りの傘は別の場所に収納、もしくは処分してください。

整理整頓ができたら、続いて掃除に入ります。

風水では、水には悪い気を払う浄化作用があると考えられていますので、基本的に掃除は水拭きになります。

掃除用具は、「ほうき・ちりとり・バケツ・ぞうきん」があればいいです。

水拭きをするとき、水と一緒に「天然の塩」を入れると、さらに浄化作用が上がります

ほうきでゴミを掃いて、ぞうきんで水拭きをしていきましょう。

きっと、水拭きをすると「なんかスッキリした」と感じる人も多いと思います。

玄関は、とても重要となる場所なので、常にきれいにしておきましょう。

片づけの進め方

片づけのお悩み

片づけの本当の目的

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.