上級編:意識レベルの向上

ステップ2:ゴミ部屋・孤独死から社会問題を考える

音声ファイル再生



人間の意識レベルマップ
700~1000→悟り
600→平和
540→喜び
500→愛
400→理性
350→受容
310→意欲
250→中立
200→勇気
(人生が変わる分岐点)
175→プライド
150→怒り
125→欲望
100→恐怖
75→深い悲しみ
50→無気力
30→罪悪感
20→恥

私は、片づけの仕事をしているため、部屋の状態からお客様の心理状態が分かります。

「部屋の状態は、住んでいる人の心の写し鏡」と言われますが、実際に仕事を通して感じています。

ゴミ部屋状態で暮らしている人は、意識レベルの状態が125以下の「欲望」「深い悲しみ」「無気力」な人が多いです。

脳機能の障害が原因で片づけられない人もいるため、決めつけることはできません。

また、「意識レベルが低い=悪い」と人格を否定しているわけでもありません

「深い悲しみ」や「無気力」は、ひきこもり・うつ病などの意識レベルであり、家族や自治体のサポートなしでは生きていけません。

高齢者の孤独死問題

最近では、高齢化社会で「孤独死」の問題がテレビで取り上げられることがあります。

高齢になると体力の衰えから、孤独でいることの悲しみ、無気力の意識レベルに下がり、ゴミ部屋で最期を遂げる人も増えています。

孤独死の問題は、周りの住人「一人一人の意識レベルの向上」が大切になってきます。

例えば、近所の人に一言あいさつをするだけでも、人との繋がりを感じることができます。

一人で亡くなることを孤独死というわけではなく、人との関わりが全くなくなってしまうことを「孤独死」と私は考えています。

若者のひきこもり・うつ病

若者のうつ病・ひきこもりの問題も深刻になっています。

なぜ、20~50代の若さで、うつ病・ひきこもり・自殺などの問題が起きるのでしょうか。

それも、意識レベルの低下が大きな原因ではないかと考えています。

どれだけ若くても、意識レベルが「深い悲しみ」「無気力」の状態が続けば、うつ病やひきこもりの人は増えていきます。

今では、意識レベルを下げる「食べ物・情報・環境」で溢れています

・病気になって当たり前の食べ物を消費者は喜んで購入しています
・世の中の情報は「欲望・恐怖・怒り」で溢れています
・自然の摂理を無視して暮らしている人が多すぎます

「食べ物・情報・環境」の乱れが、多くのうつ病やひきこもりが増えている原因だと思っています。

例えば、子供のひきこもり・病気・非行のケースでは、食生活や家庭環境が壊れていることが多いです。

・家がもので溢れかえっている
・食事はコンビニやインスタント食品
・親が意識レベルを下げる言葉ばかり使う

これらの環境は、家庭の意識レベルが低い状態です。

そして、環境に一番影響されやすいのが子供です。

もし、子供のひきこもり・非行・病気で悩みを抱えている人は、「食事・環境・自分の言葉」と向き合ってみてください。

実際に、家をきれいに片づけて、食事と言葉を意識して暮らすようになってから、家庭環境が良くなった人も多くいます

上級編ステップ3:プライド(誇り)をもつ


初級編(風水式|整理・整頓・掃除)

中級編(東洋思想・陰陽五行)

上級編(意識レベルの向上)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.