上級編:意識レベルの向上

ステップ4:人生を変える勇気に進む

人間の意識レベルマップ
700~1000→悟り
600→平和
540→喜び
500→愛
400→理性
350→受容
310→意欲
250→中立
200→勇気
(人生が変わる分岐点)
175→プライド
150→怒り
125→欲望
100→恐怖
75→深い悲しみ
50→無気力
30→罪悪感
20→恥

自分自身にプライド(誇り)を持てるようになったら、人生が変わる分岐点である勇気(意識レベル200)に進みます。

戦後からのGHQの方針により、「日本の真実の歴史」を学校教育から消されたことにより、生きていく上で大切なプライドを、日本人の多くが失ってきました。

そのため、ステップ3では、いくつかの書籍を紹介させていただき、「先祖に感謝をする」「日本を好きになる」、つまり愛国心の大切さをお伝えしました。

プライドの最大の弱点

しかし、プライドには最大の弱点があります。

それは「傲慢(ごうまん)さ」と「否認」です。

愛国心は、意識レベルを向上させるためには大切です。

しかし、プライドの意識レベルでは、国で考えた場合、「私の国が一番だ」と思い上がり、相手を見下してしまいます(傲慢さ)

傲慢さにより、相手を強く否定してしまうのです

そのため、プライドの意識レベルでは、世界中から争いはなくなりません。

これは、人間関係でも同じことがいえます。

例えば、
お互いにプライドを持っている夫婦が、「自分の考えだけが正しい」と思い上がり、相手を否認ばかりしていたらどうでしょうか。

きっと、ケンカが絶えずに結婚生活は長く続かないでしょう。

夫婦・親子・友達・職場の人間関係すべてに、意識レベル200の「勇気」が大切になってきます。

「勇気」の意識レベルは、自分のプライドを超えて、相手の意見も受け入れてお互いに成長していく道につながります。

お互いを尊重するため、人間関係も良くなるでしょう。

勇気は、日常生活で常に試されているように感じます。

・分かり合えない相手のことを理解しようと努力するのも「勇気」です。

・苦手なこと、新しいことに挑戦するのも「勇気」です。

・自分の間違いを素直に認めて、謝ることができるのも「勇気」です。

勇気に進むための3つのキッカケ

プライド(175)から勇気(200)に成長するときには、キッカケがあることが多いです。

1つ目は「苦しみ」です。

病気や挫折がキッカケとなり、今まで大切にしてきた自分自身のプライド(誇り)だけでは生きていけないことに気づかせてくれます。

プライドの意識レベルでは「我」が強いため、すべてのことを自分でやってしまったり、相手からの助けやアドバイスを否定してしまう傾向にあります。

もちろん、「努力家・責任感が強い」というプラスの面もあります。

しかし、「人の助けなしでは生活していけない」という事実を見失いやすくなります。

病気や挫折をキッカケに、多くの人に助けてもらうことで、「プライド」から「勇気」へ意識レベルが向上して、自己中心的な考えから抜け出すことができます。

2つ目は「憧れ」です。

憧れの人がいると目標ができるので、常に自分自身の意識を上に向けておくことができます

そのため、意識レベルが上がりやすくなります。

しかし、権力者や支配者に憧れをもってしまう人も多くいます。

残念ながら、力に依存している人は意識レベルが低いため、憧れる人を間違えないように注意しましょう。

意識レベルが高い人の共通点は、「謙虚・質素・倹約」です。

・自分のことを自慢したり、偉そうにしません(謙虚)

・派手な生活もしていません(質素)

・無駄なお金を使うこともありません(倹約)

意識レベルが高いため、地位や肩書など、周りの評価に依存する必要がないからです。

3つ目は「素直さ」です。

相手からの良いアドバイスも、プライドが強いと否定してしまうことが多くなります。

プライドの強さが原因で、なかなか成長できない人も多いです。

・相手の意見を素直に聞き、さらに学びを深めていく

・注意されたことは、素直に受け入れる

・「自分が絶対に正しい」という思い込みに囚われない

プライド(175)から勇気(200)の意識レベルの向上は、人生が変わる分岐点になります。

上級編ステップ5:意識レベルを上げる3つの習慣


初級編(風水式|整理・整頓・掃除)

中級編(東洋思想・陰陽五行)

上級編(意識レベルの向上)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.