上級編(学び)

ステップ5:空気に敏感になる

一時的に、意識レベルを上がることは誰にでもできますが、多くの人は高い意識レベルを維持できません

例えば、「結婚して幸せになりたい」「お金持ちになりたい」などの欲望(125)は、人間が生きていくうえで大きなエネルギーになります。

合コンに積極的に参加したり、本を読んで勉強したり、セミナーに通って学んだりと、行動に移している人も多いと思います。

しかし、本やセミナーでどれだけ学ぼうと、継続できなければ意識レベルは下がり、不安や悲しみを抱えやすくなります。

実際に「この本を読めば自分は変われる」「高額なセミナーに通ってるんだから今度こそ成功できる」などの期待(意識レベル150怒りの状態)を お金で買っている人がほとんどです。

そのため、「幸せになれる本」「人生の成功方法」などの本を読んでも、なかなか成長することができません。

そこで、意識レベルの高い状態を維持するためには、空気に敏感になることが大切です。

空気に敏感な人には「メリット」と「デメリット」があります。

メリットは、もの覚えが早いということです。

もの覚えが早い人は、相手のしぐさや行動を真似する能力に優れており、相手の「気」を自分自身に写している人が多いです。

もちろん、本人は相手の「気」を写しているつもりはないと思いますが(笑)

また、相手の気持ちを分かる人が多く共感しやすいでしょう。

デメリットは、良い気を写すことができる一方で、悪い気も写りやすくなります

・相手の悩み相談を聞いていたら、自分まで落ち込んでしまった
・イライラしている人と話していると、自分もイライラしてしまう

こういった傾向が強い人は、気が写りやすいタイプです。

メリットとデメリットがあることを理解したうえで、悪い気は浄化をして、良い気を写すことが理想的です。

では、良い気の見分け方をお伝えしていきます。

良い気とは「波動が高いもの」です。

物・人・お店・情報など、万物すべてに「波動」があることは、科学でも証明されています。

もちろん、目で見えるわけではありませんが、人や物には波動があるのです。

波動が高いものは意識レベルを上げます。

反対に、波動の低いものは意識レベルを下げます。

常に波動の高い食事・空間で暮らしていれば、自然と意識レベルは上がっていくのです。

しかし、現実はそんなに簡単ではありません。

なぜなら、今は波動が低い「物・人・お店・情報」が多いからです。

自分の意識レベルと共鳴して、人やものを引き寄せてしまうため、意識レベルの向上は、自分自身と向き合うことが最も大切になります。

波動を高くするために、まずは初級編と中級編でお伝えした「整理・整頓・掃除」と「自然を取り入れた食事とインテリア」を 心がけて生活をしてみましょう。

そして、一緒にいると気持ちが温かくなる人と長く過ごすようにしましょう。

人生を変えるステップ講座「初級編」

人生を変えるステップ講座「中級編」

人生を変えるステップ講座「上級編・学び」



このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.