初級編(風水式|整理・整頓・掃除)

ステップ2:水回りの掃除

ステップ2では、水回りの掃除を進めていきます。

トイレ・キッチン・浴室・洗面所を順番にきれいにしていきましょう。

トイレの掃除

水回りは流れる場であり、その中でもトイレは「邪気が溜まりやすい」と考えられています。

「トイレが汚い飲食店はダメ」と言われているのは、一番汚れてしまう場を清潔に保てないようでは、衛生面で信頼性を失ってしまうからです。

また、トイレは「健康運」と「金運」の場といわれています。

片づけの仕事で、多くの家庭を見てきましたが、「トイレ=健康運」は繋がっていると確信しています。

トイレは、「水拭き」できれいにしていきます。

もし、頑固な汚れで落とせない場合は、市販の洗剤を使用しましょう。

体調不良になる最大の原因は「詰まり」です。

ストレスも一言でいえば、詰まりが原因です。

水が流れないと汚れてしまうように、いつまでも同じことを思い悩んでいると、「思考の汚れ」が溜まっていきます

便秘で悩んでいる人は、腸が汚れていることが多いです。

そして腸が汚れた状態が続くと、病気や肌に影響が出てきます

「家=身体」と見立てた場合、排出物を流す場であるトイレをきれいに保つ大切さは分かりますね。

流れる場であるトイレは、どれだけ掃除してもやりすぎということはないので、ピカピカになるまで掃除をしましょう。

そして、「健康運の場」でもあるため、常にきれいな状態を保つようにすると、きっと健康状態も良くなっていきます。

キッチンの掃除

キッチンは、家族の「食」を支える大切な場になります。

また、トイレと同じように水が流れる場でもあるため、「健康運」と「金運」の場と言われています。

キッチンは、家の掃除のなかで一番大変なところかもしれません

食材を買う→収納する→調理をする→洗い物をする→掃除する

このように、常に循環を必要とする場だからです。

体調が悪くなっている家庭に共通しているのが、水回りの乱れです。

その中でも、キッチンが乱れています。

キッチンが乱れるということは、料理を作れていない→食生活が乱れている→体調を崩す

このような悪循環になってしまうからです。

キッチンは「健康運の場」というのは、その通りだと思います。

キッチンは、調理場としての役割があるため、しっかりと掃除をしていきましょう。

まずは、整理です。

キッチンは、できるだけ調理しやすいように、不要なものは置かないようにします。

そして、収納を上手に活用して、調理場はスッキリとした状態が理想です。

不要なものを捨てたら、次に食材や調味料の整理をします。

冷蔵庫や、収納棚の調味料や食材で、賞味期限切れのものが出てくることがあります。

捨てる調味料や食材が多すぎて、「今までこんなに無駄な買い物をしていたんだ・・」と気づかれる人も多いと思います。

調理場の整理整頓ができるようになれば、食材のロスがなくなり、お金の無駄もなくなります

整理が終わったら、掃除をしていきましょう。

キッチンは、油汚れが溜まりやすいので、専用の洗剤を使用して落とすようにしましょう。

シンクは、磨けば磨くほどピカピカになります。

冷蔵庫の中も汚れていたら、しっかりと掃除をしていきます。

最後に床をきれいに拭いたら、キッチンの掃除は終わりです。

キッチンは、「食」を扱う大切な場なので、常にきれいな状態を保つようにしましょう。

浴室・洗面所の掃除

トイレ・キッチンと掃除が終わったら、浴室の掃除です。

浴室は、「身体の汚れを流す場」です。

湿気が溜まりやすい場所なので、すぐに黒カビが発生してしまいます。

「毎日の身体の汚れを落とす」と同時に、「邪気」を落とす大切な場所なので、清潔に保つようにしましょう

黒カビが落とせない場合は、カビ落とし専用の洗剤を使用すると、きれいに落とすことができます。

浴室は、24時間換気扇を回していると、カビの繁殖を抑えることができます。

洗面所も同様に、きれいに掃除をしていきましょう。

水回りはすぐに汚れてしまうため、できるだけ不要なものは置かないようにします。

また、洗面所で化粧をするのは、風水的には良くないといわれています。

タオル・洗面用具・掃除用具など、必要なもの以外は置かないようにして、スッキリとした空間にしましょう。

水回りをピカピカにすると、「水回り=健康運」と言われている理由が分かると思います。

初級編ステップ3:ダイニング・リビングの掃除


初級編(風水式|整理・整頓・掃除)

中級編(東洋思想・陰陽五行)

上級編(意識レベルの向上)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.