部屋を片づけない親にイライラする|お悩みアンサー

片づけをしない親にイライラする

40代主婦のお悩み・相談

実家の片づけで悩んでいます。

私には、65歳の母がいます。 母は、昔からモノを捨てられず部屋に溜め込む人でした。

最近になってからは、さらに捨てることが難しくなり、部屋にはモノが溢れて 歩くスペースがありません。

母とは別々で暮らしているため、週1回のペースで部屋を片づけに行きますが、 キレイにしても、1週間後には散らかった状態に戻ってしまいます。

そのままにしておくと、玄関の外にまでモノが溢れてしまい、近所の人に迷惑をかけてしまうため、黙っているわけにもいきません。

正直なところ、今では実家に帰るのがストレスになっています。

お答え

この度はお問合わせいただき、ありがとうございます。

週に1回のペースで、お母さんの部屋を片づけられてるんですね。

親との片づけで、悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。

昔は、モノによって豊かさを感じた時代だったことも、原因の一つかもしれません。

今のように、何でもモノが手に入るような時代ではなかったからです。

これまで、ご家族から相談を受けて片づけをしてきましたが、本人に片づける気持ちがなければ、変わることはありませんでした。

捨てることに不満を抱いたり、怒ったりしてしまう人もいるからです。

そこで、伝え方を意識してみてください。

ポイントは2つあります。

1つ目は、「質問するように話しかけること」です。

片づけをしない親にイライラ

このように質問することで、自分自身で考えるようになります。

2つ目は、「お母さんの立場になって進めること」です。

片づけは、体力と気力が必要なので、年齢を重ねるほど面倒になってしまいがちです。

そこで、時間を決めて進めてみましょう。

片づけをしない親にイライラ

<ポイント>
・質問するように話しかける
・お母さんの立場になって進める


片づけられないご家族に悩まれている方に、必ずお伝えしていることがあります。

それは、たとえ家族でも、力になれることには限界があるということです。

「今では実家に帰ることがストレス」とお話をされていましたので、「片づけられるように変えないといけない」 と、負担になっている状況だと思います。

片づけをしない親にイライラ

しかし、イライラして実家に帰っても逆効果です。

まずは、お母さんのために、週1回ペースで、実家の片づけをしている自分を認めてあげてください。

その上で、「私の力で片づけさせるのは難しいけど、助けになることはできる」 と考えれば、気持ちに余裕ができると思います。

片づけをしない親にイライラ

モノを溜め込む人の心理

モノを溜め込む人は、「恐怖心」という心理状態が隠れていることがあります。

例えば、
・捨てたら生活に困るかもしれない
・モノを捨てたら思い出もなくなってしまいそう

どれだけ「片づけて」とお願いしても、本人の「恐怖心」が解消されない限りは、捨てるのは難しいです。

生活の不安から捨てられない

今の生活に不安な人とお話をしていると、楽しかった頃の過去と比べていることが多いです。

つまり、「楽しかった過去」に依存しているため、今の生活を良くしていこうという考えにならず、ゴミ部屋の中で暮らしている人もいます。

また、将来の不安を考えすぎている人も、「恐怖心」からモノを捨てられない傾向があります。

モノを捨てると不安になるイラスト

捨てるから新しい情報が入ってくる

「モノを捨てようとすると不安になる」という悩みを解決したい人は、考え方を変えていく必要があります。

ご依頼いただくお客様には、
「思い出のモノを抱え過ぎるほど不安になりますよ」とお伝えしています。

理由は、思い出を抱えるほど、失うことが怖くなってしまうからです。

モノを捨てると不安になるイラスト

子供が、外で楽しく遊んでいる姿をイメージしてみてください。

なぜ、子供が無邪気に楽しめているかというと、過去の思い出も将来の不安も考えず、「今を楽しんでいるから」です。

それが大人になっていくと、過去の思い出が多くなり、将来の不安も抱きやすくなります。

もちろん、好き勝手に生活はできませんが、「知ることの楽しみ」は、大人が子供から学ぶものだと思います。

「恐怖心」を取り除くことが、モノを捨てられることにも繫がってきます

愛知・岐阜の不用品回収・片づけのご相談はコチラ

片づけの進め方

片づけのお悩み

片づけの本当の目的



このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.