片づけをしない親にイライラする

40代主婦のお悩み

実家の片づけで悩んでいます。

私には、65歳の母がいます。 母は、昔からモノを捨てられず部屋に溜め込む人でした。

最近になってからは、さらに捨てることが難しくなり、部屋にはモノが溢れて 歩くスペースがありません。

母とは別々で暮らしているため、週1回のペースで部屋を片づけに行きますが、 キレイにしても、1週間後には散らかった状態に戻ってしまいます。

そのままにしておくと、玄関の外にまでモノが溢れてしまい、近所の人に迷惑をかけてしまうため、黙っているわけにもいきません。

正直なところ、今では実家に帰るのがストレスになっています。

私ではどうすることもできないので、「片づけ業者さんにお願いしよう」と親を説得しました。

片づけるように説得してもらえませんか?

お悩みアンサー

週に1回のペースで、お母さんの部屋を片づけられてるんですね。お疲れさまです。

親との片づけで、悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。

昔は、モノによって豊かさを感じてきた時代だったことも、原因の一つかもしれません。

誠に申し訳ありませんが、今の状態で片づけさせるのは難しいと思います。

理由は、ご相談された内容で「親を説得しました」という言葉が気になるからです。

「片づけられない部屋を何とかしたい」と、直接お母さんからご相談があればお力になれます

これまで、ご家族から相談を受けて片づけをしてきましたが、本人に片づける気持ちがなければ、変わることはありませんでした。

きっと、私が伺って片づけの大切さを伝えても、お母さんが変わることはないでしょう。

しかし、放っておけないのが家族です。

そこで、伝え方を意識してみてください。

ポイントは2つあります。

1つ目は、「質問するように話しかけること」です。

例えば、
「お母さん、部屋が散らかって困ることない?」
「モノが多いと、掃除が大変でしょ?」

このように質問することで、自分自身で考えて答えを出そうとします。

片づけをしない親にイライラ

2つ目は、「お母さんの立場になって進めること」です。

片づけは、体力・気力の両方が必要なので、最初に「お母さんが片づけられる時間」を決めましょう。

例えば、
「お母さん、15分だけ片づけてみよう」と無理のない時間を設定することで、始めやすくなります。

片づけをしない親にイライラ

<ポイント>
・質問するように話しかける
・お母さんの立場になって進める

最後に、私が大切にしている言葉があります。

「人にものを教えることはできない。自ら気づく手助けができるだけだ」(ガリレオ・ガリレイ)

この言葉を知った時には、とても気持ちが楽になりました。

たとえ家族でも、力になれることには限界があります

「私ができるのは、お母さんに片づけるキッカケを作り、一緒に手伝うことくらい」

このように考えると、 お母さんの立場になって、片づけを進めやすくなります。

「今では実家に帰ることがストレス」とお話をされていましたので、「片づけられるように変えないといけない」 と、負担になっているはずです。

片づけをしない親にイライラ

しかし、イライラして実家に帰っても逆効果です。

まずは、お母さんのために、週1回ペースで、実家の片づけをしている自分を認めてあげてください

片づけをしない親にイライラ

その上で、「私の力で片づけさせるのは難しいけど、助けになることはできる」 と考えれば、気持ちに余裕ができると思います。

現状ではお力になれませんが、お母さんが「部屋をキレイにしたい」という時には、全力でサポートしますのでご相談ください。

片づけの進め方

片づけのお悩み

片づけの本当の目的

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.