子育て四訓|手放すことの大切さ

子育て四訓

「子育て四訓」という言葉があります。

1、乳児はしっかり肌を離すな
2、幼児は肌を離せ、手を離すな
3、少年は手を離せ、目を離すな
4、青年は目を離せ、心を離すな

山口県下に住む教育者の方が、「日本時事評論」にまとめたものです。

子育ての悩みがあるお母さん、お父さんは多いと思います。

子育て四訓は、「手放すことの大切さ」を教えてくれています。

子育てで悩む親は、
・子供の責任はすべて私の責任
・親としてしっかり教育をしなければいけない
・子供が問題をおこした。私が何とかしないと・・

など、すべて自分で解決しようと考えてしまいがちです。

子供が解決しなければいけない問題にも親が入ってしまい、親子関係が悪化してしまうことも少なくありません。

子育て四訓|手放すことの大切さ

一つの原因として、親が手放せていないことにあります。

確かに、子供が問題を起こしたときに、「親の教育が悪いからだ」と言う人もいます。

その言葉のプレッシャーから、精神的に追い込まれてしまうこともあるかもしれません。

子育て四訓|手放すことの大切さ

また、「自分が子供の頃には、辛い経験をしてきたから、子供には絶対に苦労させたくない」という気持ちから、 過保護になっているケースもあります。

子供を自立させる大切さ

子供の問題が、すべて親の責任ではありません。

「すべての原因は親の教育が悪いからだ」というのは、考えることをしない人の言葉です。

なぜなら、子供は、親の思い通りになるペットではないからです。

では、子供が悩んでいるときに何ができるのか。

それは、子供と同じ立場で一緒に考え、応援することだと思います。

子育て四訓|手放すことの大切さ

子供にとって、一番に認めてほしい親から否定されたら悲しい気持ちになります。

反対に、一番に認めてほしい親から応援されれば心強いです。

問題の原因を考えて、子供と一緒に学びましょう。

どうしても解決ができない場合は、書店に行ってみてください。

きっと、過去に同じような悩みを抱えていた人が、解決できた方法を教えてくれます。

子育て四訓の言葉では、乳児から青年になるまでに、肌を離し、手を離し、目を離し、最後は心だけが繋がっています。

心だけが繋がったときに、子供は自立できるのだと思います。

手放す練習=片づけ

手放すのは、手に入れるより難しいかもしれません。

そこで、「手放す練習ができる簡単な方法」が部屋の片づけです。

モノを手放せない人は、気持ちにも余裕がないため、 部屋の片づけから、手放すことの大切さに気づいてほしいと思います。

片付けの悩み

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.