収納棚を増やすだけではダメ・収納のコツをご紹介

収納棚を増やすほど失敗する

収納棚を上手に利用することで、モノを整えられるようになります。

しかし、
・モノを入れる場所がないから、とりあえず収納棚を買おう
・もっと高い棚を買えばモノが入りそう
・床にモノが溜まるのは、収納するところが少ないからだ

このように、「片づけられない原因は収納棚にある」と増やしてしまう方がいます。

収納棚の落とし穴イラスト1

結果、どのようになってしまうのか。

・棚を移動できなくて、掃除が大変になった
・部屋が狭くなって、圧迫感がある
・棚を増やしたら、前よりも部屋が散らかった

収納棚を増やした結果、多くの人が経験することです。

収納棚の落とし穴イラスト2

「お金をかけてまで棚を増やしたのに、モノが部屋中に溢れてしまった」と悩みを抱えている方に、 収納棚の「適正量」と「使い方」をお伝えします。

収納棚の「適正量」

まずは、収納棚の適正量について。

部屋の広さに適した収納棚の数は決まっています。

例えば、
1DKのアパートと、2LDKのアパートに置ける棚の数は変わります。

部屋が広ければ棚を置くスペースも多くなり、狭ければ少なくしなければいけません。

収納棚の適正量が分からない場合は、以下の場所に置かないようにしてみましょう。

「棚を置かない3つの場所」
・歩く通路
・光が当たるベランダや窓
・押入れ・扉の前

収納棚が多すぎて困っている方は、歩く通路・押入れ・扉の前にも置いてあるはずです。

3つの箇所に棚を置かないようにすれば、快適な生活を送るための「収納棚の適正量」が決まります。
収納棚の落とし穴イラスト3

「収納棚を減らすとモノの置き場所がない」という方は、部屋の広さに対してモノの量が多いことになります。

収納棚の「使い方」

続いて、収納棚の使い方について。

収納するときのコツは、
・モノは縦に収納
・すべてのモノが見えるように
・グループに分けて収納

以上の3つを意識してください。

収納棚の落とし穴イラスト4

・モノを縦に収納
モノを縦に収納することで、一回の動作で取り出すことができます。
<良い例>

縦収納


モノを横にすると、必要なモノが一回の動作で取り出せません。
<ダメな例>

横収納


・すべてのモノが見えるように
見える状態に収納することで、「探しモノが見つからない」というトラブルがなくなります。
<良い例>

すべてが見える状態


・グループに分けて収納
すべてのモノを見えるようにするのが難しいときは、グループに分けて収納しましょう。

一回の動作では取り出せなくても、グループに分けることで置き場所が分かりやすくなります。
<例:掃除用具>

グループ収納1


<例:工具>

グループ収納2


部屋をキレイに保つには、収納棚を増やすだけでは解決できないため、「適正量」と「使い方」を意識して進めてみましょう。

実家の整理を失敗しないコツと正しい進め方

収納上手になるための考え方と実践編

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.