部屋の片づけ|無気力・やる気が出ない原因

無気力、やる気が出ない

「部屋を片付けたい・・」と思っても、やる気が出なくて悩まれている方が多いです。

ここでは、「片づけのやる気が起きない原因」について考えていきます。

お客様の部屋を片づけてきた経験と一緒にお伝えします。

片づけられない人は、だらしないのか?

「部屋を片づけられないのは、だらしない」と一般的な人は考えます。

しかし、「片づけられない」=「だらしない」という理由だけではないことを、仕事を通して感じてきました。

40代の男性から、部屋の片づけをご依頼された時になります。

電話では話し方も丁寧で、しっかりされているお客様だと感じましたが、 現地で部屋の確認をしたところ、ゴミ部屋状態でした。

さらに、会社の名刺をみて驚きました。

なぜなら、「部長」という会社でもトップクラスの人だったからです。

だらしない人が、会社の部長になれるわけがありません。

また、外見はとてもキレイな女性でも、部屋を見ると、ひどい状態だったこともあります。

片づけのやる気が起きない人の2つのパターン

片づけのやる気が起きない人には、大きく分けて2つのパターンがあります。

パターン1:遊ぶのは好き。片づけはやる気が・・

遊びや趣味など、日常生活に楽しいことが一つでもあれば、「片づけのやる気が出ない」と悩むことはありません。

なぜなら、遊ぶ体力があるなら、片づける体力も必ずあるからです。

やる気が出ないのは、「片づけに何の意味があるのか?」が見つかっていないだけです。

以前、お客様から片づけの相談がありました。 何年も掃除していない状態で、深刻になったようです。

現地で確認すると、部屋中がモノで溢れ、歩くスペースもないため、片づけを進めるのには時間がかかると思っていました。

しかし、実際に片づけを始めると「なんで依頼されてきたんだろう?」と疑問に思うほど、作業をスムーズに進めることができました。

お客様は社交的で、旅行やスポーツを趣味にしていると知り、私は納得しました。

今まで掃除をしなかったのは、キッカケがなかっただけで、 やる気になれば片づけられたのです。

パターン2:すべてに無気力、やる気が出ない

すべてに無気力でやる気が出ない方は、1人だけで片づけを進めるのは難しいです。

現在では、ストレス社会と言われており、イライラしたり不安になってしまう方が多くいます。

乱れた食生活や生活習慣が大きな原因ですが、 一人でも楽しめる空間ができたことも関係していると思います。

インターネットの普及で、メールだけでやりとりをしたり、 分からないことがあれば、パソコンで調べることができるため、直接コミュニケーションを取らなくてもいい環境になりました。

また、情報が入りやすい環境も影響しており、 頭だけを使って体を動かさないことが、無気力な人が増えている原因だと考えています。

捨てられない人の生活は人間関係にも影響する

うつ病で片づけられない

・まじめで内向的な人
・責任感、執着心が強い人
・細かいことによく気が付く人
・目標に向かって努力を惜しまない人

このような傾向が強い人は、ストレスが溜まりやすく、うつ病にかかりやすいと言われています。

理想の自分(満点)から減点していく傾向があるため、「自分はダメな人間だ」「もっと頑張らないといけない」と 無理をしてしまうからです。

しかし、完璧な人間は存在しません。

うつ病の克服法の一つとして、減点ではなく、何もない自分に加点をしていくことが大切になります。

うつ病は、外見では判断されにくいため「片づけなさい」「だらしない」 と言われてしまうことも多いです。

しかし、本当に辛い状態のときは、食べたゴミすら捨てられません。

自力で片づけが難しい場合は、早めに家族や友達に助けてもらうか、恥ずかしくて言えない場合は、片づけ業者に相談しましょう。

掃除をしない状態のまま生活をしていると、さらに辛くなります。

うつ病改善・心理カウンセラーが勧める部屋の片付け|42歳男性・高橋さん(仮名)

6カ月前に相談した高橋です。

あれから、散らかった部屋を家族にも手伝ってもらいながら、なんとか片付けることができました。

うつ病の症状も良くなってきて、外出をする機会も多くなりました。ありがとうございました。

「生活支援・かたづけ隊」の南山です。

こちらこそ、お返信頂きありがとうございます。
それは、良かったですね。

部屋を片づけてみて、生活は変わりましたか?

はい。最初はとても苦痛でしたが、途中からは部屋がキレイになってスッキリとしてきました。

家族にも協力してもらったおかげでもありますけど。

それは、高橋さんが片づけようと決心したから、家族も手を貸してくれたんだと思いますよ。

そう言ってもらえると、ありがたいです。

あれから、かたづけ隊さんのホームページを読ませてもらいました。

やっぱり、私のようにうつ病が原因で片づけられなくなる人は多いんですか?

食べたゴミが山のように溜まっている状態の人は、うつ病や精神疾患を抱えている可能性はありますね。

しかし、普通に生活を送られている方もいますので、病気だと決めつけることはできません。

私の場合は、うつ病になる前は、部屋を片づけられないことはなかったので、今回はうつ病が部屋に影響していたのだと思います。

部屋の片づけと一緒に、心理カウンセラーの仕事をしているとホームページでみましたが、悩み相談もされているんでしょうか?

心理カウンセラーのお仕事もしていますが、基本的には部屋の片づけを仕事としています。

私は、部屋の片づけが「うつ病を克服する勉強」になるとも考えています。

勉強ですか?

はい。うつ病の一番の原因は、ストレスだと言われています。

「大切な人やモノを失う」「人間関係のトラブル」「過去の忘れられない辛い出来事」

これらがキッカケで、深く気分が落ち込み、結果的にはうつ病につながりやすくなります。

私の場合は、管理職の仕事についてから、「サービス残業は増える。責任は重くなる。部下を育てなければいけない」というプレッシャーがうつ病のキッカケになっていたと、 今では思います。

管理職の方が抱える問題ですね。上司と部下の間に挟まれて、強いストレスからうつ病になる人が多いと言われています。

高橋さんは、ストレスから、うつ病になる一番の原因は何だと思いますか?

気分が落ち込む状態や、疲れが取れない状態が続くからだと思います。

そうですね。責任のある仕事につけば、人一倍疲れますし、気分が落ち込むことも多いと思います。

そのため、疲れるのも気分が落ち込むのもしょうがないことです。

問題は、「疲れを溜めこまないためにはどうすればいいのか?」になります。

でも、仕事でストレスを抱えないのは難しいです・・

確かに難しいですね。

なので、いかに「疲れを捨てることができるか」が大切になります。

高橋さんは、今回部屋を片づけてみて「残したいけど手放したモノ」は何かありますか?

私は、本が好きで家に沢山あったのですが、本が原因で部屋が散らかっていたので、半分くらいは捨てました。

読書が趣味なので、本を捨てるのはとても大変でした。

それはお疲れさまでした。

趣味だった本を捨ててみて、その後はどうなりましたか?

部屋が広くなって良かったです。

でも、正直捨てなければ良かった本もありましたけど。

最後は「捨ててしまったモノはしょうがない」と諦めました。

片づけをした多くの人が、高橋さんと同じように、捨ててしまって後悔することもありますが、最後には 「捨てたモノはしょうがない」と考えるようになります。

その考えが、今後の日常生活でも役に立つはずです。

日常生活にもですか?

はい。

まず、うつ病にかかりやすい特徴として、「責任感が強い人・真面目・内向的・完璧主義な人」が多いと言われています。

きっと、高橋さんも責任感が強かったから、管理職に任されたのだと思います。

仕事は完璧主義で進めていたかもしれません。

それでうつ病になっては意味がないですけど・・

管理職にもなれば、仕事量が増えるうえに、責任も大きくなります。

そうなってくると、考える時間が増えるため、頭がフル稼働の状態になりますよね。

管理職に就いてからは、部下の教育にとても悩まされました。

うつ病になる一つの原因が、同じことを繰り返し考えてしまうことにあります。

例えば、
「仕事でミスをした→上司に期待をされていたのに..→自分は能力がないダメな人間だ→この先もきっと失敗する」

このように負の連鎖が続いてしまう状態です。

なんとなく分かります。私もそうだったので。

不安を抱えると、誰でもマイナスなことを考えてしまいます。

しかし、どこかでは、「終わったことはしょうがない。これからどうしていこうか」 と切り替えることが必要です。

それは分かります。

でも、理屈では分かっていても実際は難しいですよ。

はい。頭では分かっていても、すぐに思い通りにはいきません。

しかし、負の連鎖の考えにはまっている状態に「早く気付くこと」はできるはずです。

高橋さんがモノを捨てた時に感じた、「捨ててしまったものはしょうがない」と諦めたことが、気付くキッカケになると思います。

確かに、諦めたことで少し気持ちは楽になりました。

でも、仕事では「終わったことはしょうがない」と簡単に許されるものではないと思いますけど・・

そうですね。

すべての人に当てはまる考え方ではありません。

しかし、うつ病になる人は、起きた問題を重く考えて、考えすぎてなってしまう状態でもあります。

もう十分に考えているんです。

そのため、「もう十分に悩んだから、次にいこう」という考えが必要になります。

そうしないと負の連鎖が止まりません。

そう言われると、少し気持ちが楽になります。

今、うつ病になった時を思い出すと、どうしようもないことをグルグル頭の中で考えていただけかもしれません。

頭で考えるよりも、実際にモノを捨ててみて、体験することがとても効果的だと思っています。

モノを捨ててしまった後に、「もう人生終わりだ」と落ち込んでしまう人はいないでしょう。

うつ病のすべてに当てはまるわけではありませんが、モノを片づけることによって、「捨ててしまったモノはしょうがない」と感じる気持ちは、 「終わってしまったことはしょうがない→これからどうしていこうか」と前向きな考え方につながると思います。

色々とありがとうございました。

部屋を良い空間に整えることが大切

部屋を良い空間に整えたことによって、「体の調子も良くなった」というお客様が多いです。

当社では、少しでも安心してご依頼いただけるように、心理カウンセラーの資格も取得しています。

お客様のご要望にあわせて部屋の片付けを代行いたします。

・部屋の片づけ方法を教えてほしい
・水回りの清掃をお願いしたい
・病気で片づけられる状態ではない

お困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。

捨てられない人の生活は人間関係にも影響するため、一日でも早く行動に移しましょう。


汚い部屋はもう限界!解決はこちら!

対応エリア
【愛知県】
一宮市/名古屋市/愛西市/稲沢市/犬山市/岩倉市/春日井市/尾張旭市/大府市/清須市/江南市/ 小牧市/瀬戸市/知多市/津島市/東海市/豊明市/日進市/北名古屋市/弥富市/あま市/長久手町/大治町/蟹江町 /大口町/扶桑町/ 安城市/刈谷市/
【岐阜県】
岐阜市/羽島市/各務原市/山県市/瑞穂市/本巣市/笠松町/岐南町/北方町/大垣市/海津市/安八町/神戸町/輪之内町/池田町/大野町/関市/美濃加茂市/可児市/多治見市/
このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.