上手に収納するコツ|モノをグループに分ける

モノをグループに分けて収納する

・すぐにグチャグチャになってしまう
・探しモノをするときが多い
・整頓の仕方が分からない

モノをグループに分けて収納イラスト

細かいモノが多すぎて、何から始めていいのか迷ってしまい、片づけが嫌いになってしまう方が多いです。

部屋をキレイに保つためには、不要なモノを処分する必要があります。

「必要なモノの分別方法が分からない」という方は、 モノをグループ別に分けてみましょう

ダンボールや四角い箱(くつの空き箱でもOK)を用意して、モノを分別していきます。

日用品では、
「ペン・ハサミ・ノリ・ホッチキス・ものさし」はセットで使うことが多いため、同じ箱に入れるようにします。

キッチンでは、
「醤油、みりん、砂糖、塩、お酒、油」は、調理のときに使用するため、同じグループに分けられます。

モノをグループに分けて収納イラスト

その他、
「皿・茶碗・はし・スプーン」
「本・アルバム・写真」
「思い出のモノ」

モノをグループに分けて収納イラスト

グループの作り方は自由です。自分の分かりやすいように分別をしていきしょう。

例えば、
家族の衣類をグループに分ける場合、季節ごとに分ける方法もあれば、 「お父さん服・お母さん服・子供服」のように分ける方法もあります。

「そんな当たり前のこと」と思っている方でも、部屋をチェックしてみると、必要ないところに衣類が置いてあること多いです。

注意点は、最初から細かいグループに分け過ぎないことです

細かく仕分けしてしまうと頭が混乱してくるため、大きなグループに仕分けてから細かいグループに分けてください。

さらに、「どれだけの頻度でモノを使うのか?」を考えてみましょう。

「よく使うモノ」と「あまり使わないモノ」で分別すれば、

・よく使うモノは、取り出しやすい位置に置く
・あまり使わないモノは収納の奥に入れる

モノをグループに分けて収納イラスト

使用頻度によって、収納する場所は自然と決まってきます

また、キッチン用品・掃除用品などのストック品を、同じグループに分けても良いです。

ストック用の箱を用意することで、 「まだあったかな?」「どこかにしまっておいたかな?」と考える必要がありません。 モノをグループに分けて収納イラスト

箱にシールを貼る

グループに分けたら、箱にシールを貼ることで、整った状態を保ちやすくなります

学校や会社などの集団生活の場では、必ず行われていることです。

学校では、それぞれの下駄箱に名前が書かれています。

会社では、モノの指定場所を決めて、全員が分かるようになっています。

これは、家庭でも活用することができます。

家族で生活をしている場合は、全員が「どこに何があるのか?」を把握していないと困ってしまいます。

指定場所を決めることによって、モノを同じ位置へ戻すようになります

モノをグループに分けて収納イラスト

部屋の整頓は、面倒だと考えがちですが、実際はとても簡単なことです。

・グループに分ける
・使用頻度で分ける
・シールを貼り、定位置を作る

以上の3つを意識するだけで、モノにまとまりができるようになります。

実家の整理を失敗しないコツと正しい進め方

収納上手になるための考え方と実践編

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.