部屋を片づけようと頑張ったけど・・|片づけ失敗談

明後日までに片づけなければ・・

お客様からのご依頼されたときのお話になります。

「子供が友達を連れてくるみたいで、明後日までには部屋を片づけなければいけません」 と、急ぎのご連絡でした。

片づけ失敗談

「モノは多くありますか?」とお伺いすると、 「かなりの量があるので処分にも困っています」とお客様。

「それでは、明日お伺い致します」とお伝えしました。

モノは出すより、戻すことが大変!!

9時にお伺いすると、モノが部屋中に溢れていました。

「散らかっていて申し訳ないです。この際だからと思い、収納棚やタンスのモノも整理しようと 始めたら、途中までは順調だったんですけど、モノがありすぎて戻せなくなりました。」

片づけ失敗談

これは、片づけの失敗しやすいパターンです。

収納棚の片づけは、出すよりも戻すことが大変です。

モノを出す作業は、考えることがないためスムーズに進みます。

しかし、戻す作業は、
・これはもう使わないかな?
・どこに配置をしよう?
・プレゼントでもらったモノが出てきた

このように、モノを戻すときには頭を使うので、疲れやすくなります

片づけ失敗談

そのため、収納棚を片づけるときには、戻すことまで考える必要があります。

すべてのモノを出してしまった結果、戻すことが面倒になり、「何もしなければよかった・・」となってしまいます。

一日に片づける場所を決める

片づけで大切なのは「継続すること」です。

「年に一度、大掃除をしてまとめて片づける」よりは、「毎日、少しずつ片づける」ことが 大切です。

コツコツと片づければ、年末の大掃除をする必要はありません

ご依頼された主婦の方は、家族全員で、一度に部屋を片づけようと頑張りました。

そこまでは良かったのですが、今回のご自宅は、すでに廊下までモノが溢れている状態でした。

そのような状態で、最初に収納棚の中身をすべて出したことが失敗の原因です。

お客様と一緒に片づけを進めて、最終的には、約600キロのごみになりました。

母と息子の会話

お母さんと息子さんと一緒に片づけていた時になります。

玄関に、ゴルフバックが置いてありました。

これは、どこの家庭でもありえることです。

しかし、今回のお宅では、なぜかゴルフバックの中に「ちりとり」が入っていました。

片づけ失敗談

「こちらのゴルフバックに入っているちりとりは捨ててもよろしいですか?」とお伺いすると、

「すみません、ちりとりは掃除するときに使うので捨てないでください」と言われ お返しをしましたが、一緒に片づけをしていた息子さんとお母さんで、このような会話になりました。

息子「お母さん、ちりとりなんて要らないでしょ?」
母「何で?部屋を掃除するときに使うよ」
息子「お母さんが掃除しているところなんて見たことない」
母「・・・(無言)」

片づけ失敗談

親子の会話を聞いて笑ってしまいましたが、「やっぱり子供は親の行動をしっかり見ている」と 感じました。

実際に部屋を掃除している様子は、私の見る限りありませんでした。

片付けの悩み

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.