ものを捨てる基準・いつか使うかもしれないはストレスになる

いつか使うかもしれないはストレスになる

ものを捨てる基準で、多くの人が悩まれているのが、「いつか使うかもしれないもの」になります。

捨てる判断をするとき、まだ使えるものや今後使うかもしれないものには、頭を悩まされてしまいます。

お客様には、「いつか使うかもしれないようなものを残しておくとストレスになりますよ」とお伝えをしています。

生活の中では、購入したけど一度も使っていないもの、一回使用しただけで押入れに眠っているものなど、一つは出てくるはずです。

いつか使うかもしれないは、「いつかは使わなければいけない」という気持ちにもなります。

例えば、健康器具・化粧品・家電製品など。

健康器具は、「これから頑張って痩せよう」と購入しても、1カ月もすれば使わなくなる方が多いです。

化粧品は、次々と新しい商品が販売されるため、最後まで使いきらずに放置されています。

家電製品は、数回使っただけで、押入れに放置されているものが一つはあると思います。

いつか使うかもしれないはストレスになるイラスト

ちなみに私は、タコ焼き器と、ふとん掃除機を購入しましたが、ほとんど利用していません。

今後使わないものを残しておくと、
・健康器具を見るたびに→ダイエットをしないといけない
・大量の化粧品を見るたびに→全部使い切らないといけない

必要でもないのに、使わなければいけないのはストレスです。

「使わないものを捨てたらスッキリした」と、多くのお客様が片づけ後に話されます。

理由は、ものを減らして部屋が広くなっただけではなく、ストレスからも解放されるからです。

使えるものを捨てると、損をした気分になると考えている方が多いですが、 「いつかは使わなければいけない」というストレスから解放されれば、捨てることがプラスになります。

捨てるルールは自分で作る

よく、「一年以内に一度も使用しなかったものは捨てる」という基準があります。

これは、捨てる判断ができない方にとっては、とても有効的な方法です。

しかし、実際の捨てる判断で大切なのは、捨てるルールを自分で作り→自分で決めたルールを必ず守ることです。

捨てるルールは自分で作る

例えば、
・壊れているものは捨てる
・紙袋は3つを残して捨てる
・靴下は、10枚まで

このように、ルールをあらかじめ決めておくと、捨てる基準が分かりやすくなります。

仕分けでは、チラシや情報誌・取扱説明書・ハガキ・明細書などで悩まされる方が多いです。

都心に住んでいると、新築のチラシ・保険案内・情報誌などがポストに入ってきますが、 ほとんどの方にとっては迷惑なゴミです。

保険のチラシは、不要なら即処分。一年に一度届く更新書類は保管しておきましょう。

情報誌は、毎月ポスティングされる地域が多いです。興味があるところだけ切り抜き、すぐに処分しましょう。

取扱説明書は、パソコン・プリンター・テレビ・ブルーレイレコーダーなどは残してもいいと思います。

しかし、扇風機・アイロン・炊飯器・電子レンジなどの説明書は必要でしょうか。

すべての説明書を残しておく方がいますが、今後使う可能性がないものは捨てましょう。 保証書も期限を確認して過ぎていれば処分です。

何もしていなくてもごみは増えていきます。すぐに捨てる習慣をつけて部屋に書類が溜まらないようにしましょう。

「新しいもの好き」+「もったいない」は最悪の組み合わせ

新しいもの好きな方は、次々とものを購入します。

ものを購入するのは良いことです。しかし、同時にものを捨てなければいけません。

「新しいもの好き+もったいない」は、すぐに部屋中がもので溢れます

すぐに部屋中がもので溢れる

そのため、不要になったらリサイクルショップに持ち込むなど、ものを減らすようにしましょう。

・「いつか使うかもしれない」はストレスになる
・自分で捨てるルールを作り、必ず守ること
・新しいもの好きな人は、「もったいない」の考えを捨てる

以上の3つを意識して、片づけを進めてみてください。

さらに、ものを捨てる順番を意識すると片づけがスムーズに進みます。

実家の整理を失敗しないコツと正しい進め方

収納上手になるための考え方と実践編

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.