散らかりやすい収納棚の片づけ方法

収納棚を増やすほど失敗する

音声ファイル再生



収納棚を上手に利用することで、モノを整えられるようになります。

しかし、
・モノを入れる場所がないから、とりあえず収納棚を買おう
・もっと高い棚を買えばモノが入りそう
・床にモノが溜まるのは、収納するところが少ないからだ

このように、「片づけられない原因は収納棚にある」と増やしてしまう人がいます。

収納棚の落とし穴イラスト1

結果、どのようになってしまうのか。

・棚を移動できなくて、掃除が大変になった
・部屋が狭くなって、圧迫感がある
・棚を増やしたら、前よりも部屋が散らかった

収納棚を増やした結果、多くの人が経験することです。

収納棚の落とし穴イラスト2

「お金をかけてまで棚を増やしたのに、モノが部屋中に溢れてしまった」と悩みを抱えている人に、 収納棚の「適正量」と「使い方」をお伝えします。

収納棚の「適正量」

まずは、収納棚の適正量について。

部屋の広さに適した収納棚の数は決まってきます。

例えば、
1DKのアパートと、2LDKのアパートに置ける棚の数は変わります。

部屋が広ければ棚を置くスペースも多くなり、狭ければ少なくしなければいけません。

収納棚の適正量が分からない場合は、以下の場所に置かないように意識してみましょう。

「棚を置かない3つの場所」
・歩く通路
・光が当たるベランダや窓
・押入れ・扉の前

収納棚が多すぎて困っている人は、歩く通路・押入れ・扉の前にも置いてあるはずです。

3つの箇所に棚を置かないようにすれば、快適な生活を送るための「収納棚の適正量」が決まります。
収納棚の落とし穴イラスト3

「収納棚を減らすとモノの置き場所がない」という人は、部屋の広さに対してモノの量が多いことになります。

収納棚の「使い方」

続いて、収納棚の使い方について。

収納するときのコツは、
・モノは縦に収納
・すべてのモノが見えるように
・グループに分けて収納

以上の3つを意識してください。

収納棚の落とし穴イラスト4

・モノを縦に収納
モノを縦に収納することで、一回の動作で取り出すことができます。
<良い例>

縦収納


モノを横にすると、必要なモノが一回の動作で取り出せません。
<悪い例>

横収納


・すべてのモノが見えるように
見える状態に収納することで、「探しモノが見つからない」というトラブルがなくなります。
<良い例>

すべてが見える状態


・グループに分けて収納
すべてのモノを見えるようにするのが難しいときは、グループに分けて収納しましょう。

一回の動作では取り出せなくても、グループに分けることで置き場所が分かりやすくなります。
<例:掃除用具>

グループ収納1


<例:工具>

グループ収納2


部屋をキレイに保つには、収納棚を増やすだけでは解決できないため、「適正量」と「使い方」を意識して進めてみましょう。

収納棚を上手に片づける方法

収納棚は上手に活用できると部屋がスッキリしますが、散らかりやすい場所の一つです。

下駄箱・押入れ・食器棚・タンス・冷蔵庫など、部屋には多くの収納スペースがあります。

どこの収納棚でも活用できる片づけ手順を紹介していきます。

ステップ1、収納棚の中身をすべて取り出す

今、部屋の収納棚はどのようになっているでしょうか。

・要らないモノが入っている
・ぐちゃぐちゃになっている
・必要なモノがすぐ取り出せない

収納棚の片付け方法

このような場合は、すべてのモノを取り出しましょう。

片づけが苦手な人は、モノを取り出す度に「どこに置こうか?」「まだ使う時があるかな?」「これはあの時の・・」 と考えてしまい、作業が進みません。

収納棚の片付け方法

そのため、片づける収納棚を決めたら、すべてを取り出すことから始めましょう。

ステップ2、要らないモノは処分

収納棚からすべて取り出したら、「必要なモノ」と「不要なモノ」で分けていきましょう

必要なモノは、
・毎日のように使う
・今後使う予定がある

不要なモノは、
・使わないけど、壊れていない
・ゴミとして捨てられる

また、「これからは使うことがない」と決めた中には、思い出のモノもあるはずです。

思い出のモノを捨てられない人は、ダンボール箱を用意して入れましょう。

一か所の収納棚を片づけるだけでも、大変な作業になります。

そのうえ、思い出のモノにまで手を つけていたら、片づけが全く進みません。

・毎日のように使う
・今後使う予定がある
・使わないけど、壊れていない
・ゴミとして捨てられる
・思い出のモノ

収納棚の片付け方法

この5つの判断基準で仕分けをしましょう。

また、モノを確認したときに「ここに必要なモノか?」を考えてみてください。

例えば、玄関の収納棚を片づけているときに、玄関に置くモノでなかったら、正しい収納場所に 移動しましょう。

ステップ3、使用頻度の多いモノから収納

仕分けをしたモノで、「毎日のように使うモノ」から優先的に収納していきます。

収納棚の片付け方法

使用回数が多いほど、取り出しやすい場所に配置することが大切です。

また、家族共有の収納棚は、それぞれ適した場所を考えましょう。

例えば、お父さん・お母さん・子供(小学生)の3人家族の場合。

玄関に靴を収納するときには、「子供の靴を下段」 「お母さんが中段」「お父さんが上段」のようにすれば、普段の生活でも取り出しがスムーズになります。

収納棚の片付け方法

どのような収納場所でも同じです。

「誰が使用するのか?」を考えると、自然とモノの定位置が決まります。

ワンポイントアドバイス

モノを収納して、どのような状態になったでしょうか。

もし、「収納棚に何とか入りきった」という人は、可能であれば空きスペースを少し作りましょう。

それには理由があります。

当然ですが、新しいモノをお店で購入したら、モノは増えていきます。

モノが増えたときに、収納スペースが空いていると、新しく購入したモノをすぐに収納することができます

収納棚の片付け方法

しかし、収納棚がいっぱいだと、モノが増える度に、捨てる作業を同時にしなければいけません。

収納棚の片付け方法

新しいモノを購入して気分が良いのに、どれを捨てようか悩むのはストレスです。 いつでも収納できるスペースを空けておきましょう。

<動画説明>



片づけの進め方

片づけのお悩み

片づけの本当の目的



このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.