定位置の決め方は使用頻度が多いモノほど動作を減らす

定位置の決め方・収納のコツ

常に部屋をキレイに保つには、収納棚の使い方が重要です。

「収納棚を有効に活用している人」と「活用していない人」では、 部屋の状態も大きく変わってきます。

収納は使用頻度が多いモノほど動作を減らすイラスト

収納棚は、モノが整頓されていれば良いわけではなく、 必要なモノをすぐに取り出せるように収納する必要があります

「モノを整頓したのに、すぐにごちゃごちゃに戻ってしまった」と悩んでいる方も多いです。

収納は使用頻度が多いモノほど動作を減らすイラスト

一つの原因は、「モノの取り出しから戻すまでの動作が多い」からです。

例えば、紙を切るのにハサミが必要になりました。

ハサミの場所が、
1、テーブルの上にハサミがある
2、引き出しの中にハサミを入れてある
3、引き出しの箱の中にハサミを入れてある

3つのパターンの場合、ハサミの取り出しから戻すまでの動作を考えてみます。

1「テーブルの上にハサミがある」
「テーブルのハサミを取る→テーブルにハサミを戻す」まで 2回の動作が必要です。

2「引き出しの中にハサミを入れてある」
「引き出しを開ける→ハサミを取り出す→引き出しを閉める→使い終わり引き出しを開ける→ハサミを戻す→引き出しを閉める」まで 6回の動作が必要です。

3「引き出しの箱の中にハサミを入れてある」
「引き出しを開ける→中にある箱を開ける→ハサミを取り出す→箱を閉める→引き出しを閉める→ 使い終わり引き出しを開ける→箱を開ける→ハサミを戻す→箱を閉める→引き出しを閉める」まで10回の動作が必要です。

「モノを戻すまでの動作」を数えると、3の場合は、10回の動作がハサミを使うときには必要となります。

収納は使用頻度が多いモノほど動作を減らすイラスト

これでは、元の場所に戻すのが面倒になってしまいます。

しかし、1のようにすべてのモノを外に出していたら、何があるのか分からなくなって、 部屋が散らかってしまいます。

そのため、「使用頻度が多いモノほど動作を少なくすること」が大切になります。

毎日のように使用するモノなら、1の「モノを戻すまで2回の動作」を意識してみましょう。

扇風機やファンヒーターなど季節によって使用するモノは、動作が多くなっても問題ありません。収納棚の奥に入れてしまいましょう。

部屋がすぐに散らかってしまう場合は、「使用頻度に合わせてモノが適切な場所に置かれているか?」を意識するだけで、日常生活でムダな動作が少なくなります

収納は使用頻度が多いモノほど動作を減らすイラスト

ハサミを例にしましたが、すべてのモノに共通しています。

服の場合は、毎日のように着る服はハンガーにかけましょう。

あまり着ない服は、動作が多くなってしまう引き出しに入れます。

上段、中段、下段の収納棚がある場合は、使用しやすい順番は「中段→下段→上段」になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

片付けのお悩み全て解決します!

片付けビフォーアフター

片付けビフォーアフター

ご依頼されるお客様

片づけをご依頼されるお客様

片づけで生活が向上します!

片づけで生活が向上します!

汚い部屋はもう限界!解決はこちら!

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.