配置の基本|通路・窓にはモノを置かない

通路・窓には大きなモノを置かない

モノが増えると置き場所がなくなり、 歩くスペースまで侵入してきます。

通路・窓にはモノを置かないイラスト

片づけられない方は、モノをため込んでしまう傾向にあります。

「歩く通路にはモノを置かない」と意識するだけで、部屋の広さに適したモノの量が決まります。

窓からの光は遮らない

片づけのご依頼で、本棚やタンスで窓からの光を遮っている部屋を何度も見てきました。

家具を配置するときには、窓をふさがないようにしましょう。

「なぜ窓が用意されているのか?」を考えると、窓は光を通し、空気を入れ替える働きをします。

「部屋の中に光を通す」「空気の入れ替え」は大切です。

人はどこまで孤独に耐えられるか?

ある心理学者が実験を行いました。

内容は、
人間の五感を可能な限りシャットアウトして、食べるとき・トイレに行くとき 以外は、ベッドで横になっているという実験です(ベッドで横になっているときは、体も動かせない状態です)

通路・窓にはモノを置かないイラスト

実験結果は、8時間を経過したあたりから「イライラする・手が震える・幻覚が見える」など 、体に症状がでました。

実験から、「人は孤独の環境では正常ではいられなくなる」ということが分かりました。

このような実験を例にしてあげると大げさですが、「人は孤独には耐えられない」と いうことから、部屋では開放感のある空間を作った方が良いでしょう。

通路・窓にはモノを置かないイラスト

光がない部屋に何日も過ごしていたら、体にも影響が出てくるはずです。

部屋は、自分の体を休める場所でもあるため、窓からの光を一日中遮らないようにしましょう。

・歩く通路にはモノを置かない
・光が入る場所には、大きなモノを置かない


この2つを意識して、大きなモノの配置を決めましょう。

実家の整理を失敗しないコツと正しい進め方

収納上手になるための考え方と実践編

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.