部屋がぐちゃぐちゃになる原因と体への影響

部屋を片づけられない原因とは?

音声ファイル再生



片づけられない原因は大きく3つあります。

1つ目は、「時間を作ることができない人」です。

ゴミを捨てる日は各自治体で決まっているため、「時間が合わない」「ゴミ捨て日を忘れてしまう」ことから、部屋が散らかってしまいます。

<仕事が忙しい>
部屋が散らかっているのはストレスになります。

仕事が忙しい人ほど、身体が休まる環境をつくるためにも、 予定を立て、早めに処分していきましょう。

部屋がぐちゃぐちゃになる原因は?イラスト

<外まで運びだせない>
外まで運びだせない場合は、各自治体の清掃センターに相談しましょう。

また、便利屋・片づけ業者に相談してみましょう。

時間を作れないことが原因なら、片づけの悩みは必ず解決できます。

2つ目は、「整理整頓の方法が分からない人」です。

整理整頓の基本は、
整理→不要なモノを捨てる
整頓→取り出しやすいように整える

まずは、不要なモノを捨てることが大切です。

しかし、「どういう基準でモノを捨てていいのか分からない」「まだ使えるのに・・」と考えてしまう人も多いです。

一つ一つのモノを判断していると大変になります。

そこで、
・モノを残す上限を最初に決める
・必要なモノの優先順位を決める


以上の2つを意識してみてください。

「要るモノ?不要なモノ?」と判断していると、すべてのモノが必要に見えてしまいます。

しかし、部屋の広さに対するモノの適正量は決められています。

例えば、
一軒家とアパートでは、モノを置ける上限も変わります。

最初に「今の部屋に置けるモノの上限はこれくらい」と決めることで、モノを減らす意識が強くなります

部屋がぐちゃぐちゃになる原因は?イラスト

さらに、必要なモノの優先順位を決めることで、上限を超えてしまった場合は、捨てることに納得できるはずです。

部屋がぐちゃぐちゃになる原因は?イラスト

「モノは少ないけど、小物がすぐに散らかってしまう」という人は、グループに分けて箱に入れましょう。

<それぞれの箱を作る>
・衣類
・日用品
・化粧品
・文房具
・雑貨

部屋がぐちゃぐちゃになる原因は?イラスト

モノのグループを決めているため、箱の中は散らかっても、床が散らかってしまうことはありません。

モノにも住所を決めて、「元の場所に戻す」という習慣をつけていきましょう。

3つ目に、「思い出のモノを捨てられない人」です。

思い出のモノを捨てられない人は、 「モノを捨てる=悪いこと」のように考えてしまいがちですが、捨てるのは悪いことではありません。

モノを捨てられない人の中には、「何かに使えるかもしれない」と、ダンボールを何十箱と溜めこんでしまう人もいます。

しかし、捨てない生活をしていたら、部屋がどれだけ広くても、すぐにモノで埋め尽くされてしまいます

部屋がぐちゃぐちゃになる原因は?イラスト

また、プレゼントでもらったモノは「捨てるのは申し訳ない」と考えてしまいがちです。

そのような人は、考え方を変えてみてください。

プレゼントは、ただモノを渡しているわけではありません。

「相手に喜んでほしい」「いつもお世話になっているから」という気持ちを渡しているため、 捨てることに罪悪感を抱く必要はありません。

部屋がぐちゃぐちゃになる原因は?イラスト

部屋が汚い人は体調にも影響する

部屋が汚い人は外見にも出ていることが多いです。

例えば、
・常に不安に満ちている表情
・暗くて、何を考えているのか分からない
・姿勢が悪く、歩き方がだらしがない

このような人は、長期的に部屋も散らかっている場合が多いです。

自分の体調だけではなく、部屋の空間自体が病んでしまっているのでしょう。

部屋がぐちゃぐちゃになる原因は?イラスト

「部屋の状態は、身体の栄養と同じ」だと、私は考えています。

食べ物が、身体の中でどのように流れたら良いでしょうか。

必要な栄養は吸収して、残りは身体の外へ排出される状態が、良い健康状態です。

「部屋の状態=身体の状態」で考えると、

部屋がぐちゃぐちゃな人は、栄養を吸収(欲しいモノを手に入れる)して、残り(今の生活で不要なモノ)も身体に溜まっている状態です。

つまり、便秘の状態なため、体調を壊すのは当たり前です。

部屋がぐちゃぐちゃになる原因は?イラスト

このような理由から、部屋がぐちゃぐちゃでモノが多い人は、体調にも影響があると考えています。

部屋がキレイな人は、健康的で明るい印象を受けることが多いです。

部屋がぐちゃぐちゃになる原因は?イラスト

実際に、部屋の片づけに成功した人は、
・気持ちがスッキリして明るくなった
・体重が痩せていった
・体調が良くなった

など、嬉しい変化を実感しています。

生活習慣を見直すことの大切さ

「感情の乱れ」から部屋が散らかってしまう人も多いです。

感情が乱れる→睡眠不足・食の乱れ→片づけられなくなる→何かに依存しやすくなる(薬・SNS・恋人・ギャンブル・アルコールなど)

日常生活を送っていると、感情の乱れというのは誰でもおきます。

・人間関係が上手くいかない
・思い通りに進まない
・不安や悩み事が多い

このような時には、感情が乱れやすくなり、何もやる気が出なくなることがあります。

そのため、日頃からの規則正しい生活習慣がとても大切になります。



片づけの進め方

片づけのお悩み

片づけの本当の目的



このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2013 かたづけ隊 All rights reserved.